はるにれ (春楡) 

学名  Ulmus davidiana var. japonica
日本名  ハルニレ
科名(日本名)  ニレ科
  日本語別名  ニレ、アカダモ、オダモ
漢名  黑楡(コクユ,heiyu)
科名(漢名)  楡科
  漢語別名  山毛楡(サンモウユ,shanmaoyu)
英名  Japanese elm
2006/06/04 北大構内


 ニレ科 Ulmaceae(楡科)には、15属約150種がある。
   ムクノキ属 Aphananthe(糙葉樹屬)
   エノキ属 Celtis(朴屬)
   Gironniera(白顏樹屬)
     G. cuspidata(小葉白顏樹)
     G. subaequalis(白顏樹・大葉白顏樹)
     G. yunnanensis(雲南白顏樹)
   ハリゲヤキ属 Hemiptelea(刺楡屬) 
1属1種
     ハリゲヤキ H. davidii(刺楡)
ケヤキに似るが枝に棘がある。朝鮮・中国に分布
   Pteroceltis(靑檀屬)
     P. tatarinowii(靑檀・檀樹・翼朴)
   ウラジロエノキ属 Trema(山黄麻屬)
熱帯・亜熱帯に20-40種
     T. angustifolia(狹葉山黄麻・小葉山黄麻・麻脚樹)
     キリエノキ
(コバフンギ) T. cannabina(光葉山黄麻)
     T. dielsiana(山油麻・山脚麻)
     T. levigata(麻椰樹・羽葉山黄麻)
     T. nitida(銀毛葉山黄麻)
     ウラジロエノキ T. orientalis(山黄麻・麻桐樹・山角麻・山王麻)
   ニレ属 Ulmus(楡屬)
   ケヤキ属 Zelkova(欅屬) 
 ニレ属 Ulmus(楡屬)には、北半球温帯・アジア熱帯山地に約20種がある。
   アメリカニレ U. americana(美國楡)
   U. androssowii var. virgata(毛枝楡・紅榔木)
 『中国本草図録』Ⅷ/3526
   U. bergmanniana(興山楡)
   U. castaneifolia(多脈楡)
   U. changii(杭州楡)
   U. chenmoui(瑯琊楡)
   トウニレ U. davidiana(黑楡・山毛楡)
 中国(遼寧・河北・山西)産
     ハルニレ
(ニレ) var. japonica(春楡) 春に開花
     テリハニレ var. laevigata
   U. densa(圓冠楡)
   U. elongata(長序楡)
   U. gaussenii(毛楡)
   セイヨウニレ U. glabra(E. elm)
   U. glaucescens(旱楡・灰楡・黄靑楡)
   U. kungmingensis(昆明楡)
   オヒョウ
(アツシ) U. laciniata(裂葉楡・大葉楡・靑楡)
   U. lamellosa(脱皮楡)
   U. lanceaefolia(常綠楡・滇楡・披針葉楡) 『雲南の植物Ⅲ』156
   U. laevis(歐洲白楡)
   チョウセンニレ U. macrocarpa(大果楡・黄楡・毛楡・山楡・蕪荑)
 『中国本草図録』Ⅵ/2538
   U. microcarpa(小果楡)
   U. multinervis(多脈楡)
   アキニレ
(ニレケヤキ・カワラケヤキ) U. parvifolia(榔楡・小葉楡・秋楡・紅鷄油) 秋に開花
   U. propinqua(春楡・白楡)
 『中国本草図録』Ⅳ/1583
   U. prunifolia(李葉楡)
   U. pseudopropinqua(假春楡)
   U. pumila(・白楡・家楡・枌・白枌)
 朝鮮・中国(北部)・シベリアに自生,長江以南で栽培。
          『中国本草図録』Ⅵ/2539
   U. szechuanica(紅果楡)
   U. tonkinensis(越南楡)
   U. uyematsui(臺灣楡) 
 漢名は、基本変種トウニレに対するもの。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)楡皮に、「和名也尓礼」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)楡に「和名夜仁礼」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)31に、楡は「ヤニレ和名鈔 ニレ今名 ネリ越前 ネレ木曾」と。
 属名は、ケルト語の elm から。英名も同。
 日本(本州・北海道)・朝鮮・中国(華北・東北)・千島・樺太に分布。
 樹皮から繊維をとり、縄・布・紙などを作る。嫩果は食用にする。
 材は、狂いが大きいので農具・土木材などに充て、また椎茸のほだ木・薪などに用いる。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻5に「種楡・白楊」が載る。
『万葉集』に、

   ・・・
   足引の 此の片山の もむにれ
(楡)を 五百枝(いほえ)は(剥)ぎ垂り・・・
       (16/3886,読人知らず「乞食者(ほかひびと)の詠」)
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index