とうねずみもち (唐鼠黐)

学名  Ligustrum lucidum
日本名  トウネズミモチ
科名(日本名)  モクセイ科
  日本語別名  
漢名  女貞(ジョテイ,nüzhen)
科名(漢名)  木犀(モクセイ,muxi)科
  漢語別名  女楨(ジョテイ,nüzhen)、楨木(テイボク,zhenmu)、蠟樹(ロウジュ,lashu)・水臘樹、將軍樹(ショウグンジユ,jiangjunshu)、爆格蚤、冬靑子
英名  Glossy privet
2007/05/30 小平市

 ネズミモチに似ているが、葉の葉脈が半透明に透けて見える。
 イボタノキ属 Ligustrum(女貞屬)については、イボタノキを見よ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)女貞に、「和名美也都古岐、一名多都乃岐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)女貞に「和名太豆乃木、楊氏漢語抄云、比女都波木」と。
 中国(河南・長江流域以南・西南・甘肅南部)原産。中国では、生垣や シロロウムシ(白蠟蟲)の放養のために栽培する。
 日本には明治初期に入り、今日では 庭・公園などに植栽。
 中国では、果実を女貞子と呼び、あわせて葉・樹皮・根を 薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.34-35 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index