たちばなもどき (橘擬) 

学名  Pyracantha angustifolia
日本名  タチバナモドキ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  ホソバトキワサンザシ、ピラカンサ
漢名  窄葉火棘(サクヨウカキョク,zhaiyehuoji)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  白背火把果
英名  Narrowleaf firethorn
『雲南の植物Ⅱ』116・『中国本草図録』Ⅸ/4170

 トキワサンザシ属 Pyracantha(火棘屬)については、トキワサンザシを見よ。
 和名の由来には、葉がタチバナに似ていることからとする説と、実がだいだい色であることからとする説がある。
 漢名の窄葉は、学名 angustifolia(細葉の)から。
 中国(雲南)原産。
 日本には明治中期に福羽逸人
(1856-1921)がフランスから導入。大正年間には東京に普及。
 トキワサンザシ属の植物は、実が美しいので庭木・生垣などに栽培し、また切花に用いる。園芸上は、いずれの種もピラカンサで通用している。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index