くろがらし (黒芥子) 

学名  Brassica nigra
日本名  クロガラシ
科名(日本名)  アブラナ科
  日本語別名  
漢名  排菜(ハイサイ,paicai)
科名(漢名)  十字花(ジュウジカ,shizihua)科
  漢語別名  歐洲K芥子(オウシュウコクカイシ,ouzhouheijiezi)
英名  Black mustard
2008/04/17 薬用植物園
2009/04/30 薬用植物園

 アブラナ属 Brassica(壼V屬)の植物については、アブラナ属を見よ。
 
 野生種は、ヨーロッパ中・南部の海岸の岩場に雑草として分布、栽培型は広く中近東・地中海地方で栽培。南北アメリカ・ニュージーランドには帰化している。
 背が高く(2-4m)、成熟すると鞘がはじけて種子が飛び散るため収穫に手間がかかる。したがって、今日では発展途上国などで少量を栽培するのみ。
 種子は黒褐色、シロガラシより小粒。辛味とともに芳香を持つ。
 茎葉を蔬菜とし、ハーブとしても用いる。
 種子は、つぶして洋がらし
(マスタード)を作り、香辛料とする。ただし、今日の洋がらしは、多くはカラシナ B.juncea の黒果皮種子を用いる(最大の輸出国はカナダ)
 
(なお、和がらしはカラシナの黄果皮種子から作る。) 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index