じんこう (沈香) 

学名  Aquilaria agallocha
日本名  ジンコウ
科名(日本名)  ジンチョウゲ科
  日本語別名  キャラ(伽羅)・キャラコウ(伽羅香)
漢名  沈香(チンコウ,chenxiang)
科名(漢名)  瑞香(ズイコウ,ruixiang)科
  漢語別名  沈水・沈水香(チンスイコウ,chenshuixiang)・水沈、惡掲嚕(アクケイロ,ejielu)、蜜香(ミツコウ,mixiang)・木香(ボクコウ,muxiang)・木蜜(ボクミツ,mumi)、伽羅(カラ,qieluo)・奇楠(キナン,qinan)・迦南(カナン,jianan)・伽南(カナン,qienan)、
英名  Eagle-wood, Aloeswood, Agalwood

 和名・漢名の沈香は、広義には熱帯産のジンチョウゲ科の香木、狭義には、就中ジンコウを云う。
 Aquilaria(沈香屬)には、約15種がある。
   ジンコウ A. agallocha(沈香・伽羅)
   A. malaccensis(馬來沈香)
   A. sinensis(A.grandiflora;土沈香・白木香・牙香樹・女兒香・六麻樹・芫香)
         中国(兩廣・福建・臺灣)
産。『中国本草図録』Ⅱ/0717、『中草藥現代研究』Ⅲp.1
   A. yunnanensis(雲南沈香)
 中国(雲南)産。中国本草図録』Ⅴ/2217 
 ジンチョウゲ科については、ジンチョウゲ科を見よ。
 沈香の名は、香料として良質のものは比重が重く、水に沈むことから。
 サンスクリット名はアグル aguru、「より重いものは無い」の意。
 漢名の悪掲嚕(アクケイロ,ejielu)は、その音写。
 伽羅・奇楠・迦南・伽南は、サンスクリット語のカーラーグル kalaguru またはカーラーガル kalagaru の音写、「黒沈香」と意訳する。
 沈香のうち特に良質なもの。
 ベトナム・マレーシア・インドネシア・カンボジア・インドに自生。臺灣では栽培。
 沈香は、ジンコウなどの材が長期間土中に埋まり、樹脂が浸出してかたまった〔熟結〕ものをいう。実際には、材に傷をつけ(開香門)て 数年して削り取り、或いは切り倒して材を腐らせ 樹脂のみを取り出す〔生結〕、などして生産する。
 沈香は、ベンジルアセトン・高級アルコール・テルペンなどからなる樹脂を約50%含み、薬用にするほか、燃やすと芳香を発するので、香料として用いる。『中草藥現代研究』Ⅲp.1
 中国では、国産の A. sinensis(土沈香・白木香)を、土沈香・海南沈香として用いる。
 輸入品の沈香(進口沈香)には、ジンコウ A. agallocha(沈香)のほか、次のようなものがある。
   A. malaccensis(馬來沈香)
   Aloexylon agallochum(交趾沈香・越南沈香)
 コーチシナの高山に産
   Excoecaria agallocha(土沈香)
 インド産 
 沈香は形状・品質などにさまざまな品種があり、沈香・桟香・馬蹄・鶏骨などを区別する。
 日本では、東大寺正倉院に納められた沈香(伽羅)に、蘭奢待(らんじゃたい)と号されるものがある。蘭奢待の字義は明らかではない。三字の中に東大寺の文字が隠されているとして、香道では東大寺と呼ぶ。
 聖武天皇
(在位724-749)のとき中国から伝来したものといい、古来香料として最もたっとばれてきた。足利義満・義教・義政、織田信長、徳川家康らがこれを切って用いたという。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index