ほそばひいらぎなんてん (細葉柊南天)

学名  Mahonia fortunei
日本名  ホソバヒイラギナンテン
科名(日本名)  メギ科
  日本語別名  
漢名  十大功勞(ジュウタイコウロウ,shidagonglao)
科名(漢名)  小檗(ショウハク,xiaobo)科
  漢語別名  狹葉十大功勞(キョウヨウジュウタイコウロウ,xiayeshidagonglao)
英名  
2007/06/19 小石川植物園

 ヒイラギナンテン属 Mahonia(十大功勞屬)については、ヒイラギナンテンを見よ。
 
 中国(四川・湖北・浙江)原産、日本には明治初に入る。
 全株を薬用にする。
 なお、功勞葉と称する生薬は、今日では実際にはシナヒイラギ Ilex cornuta(枸骨)の葉だという
(『中薬志V』)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index