はなつくばねうつぎ  

学名  Abelia x grandiflora
日本名  ハナツクバネウツギ
科名(日本名)  スイカズラ科
  日本語別名  ハナゾノツクバネウツギ、アベリア
漢名  大花六道木(タイカリクドウボク,dahua ludaomu)
科名(漢名)  忍冬(ニンドウ,rendong)科
  漢語別名  
英名  Glossy abelia
2004/08/02 学内

2005/07/07 学内
2005/11/16

 花は白いが、淡紫紅色の花をつけるエドワードゴウチャー cv. Edward Goucher、花はピンク色で 金色の斑入りの葉をつけるフランシスメーソン cv. Francis Mason などの品種がある。
 ツクバネウツギ属 Abelia(六道木屬)の植物については、ツクバネウツギを見よ。
 和名のツクバネは、実の形から。
 和名を何々空木と呼ぶ植物については、ウツギを見よ。
 タイワンツクバネウツギ A. chinensis と、A. uniflora との交雑種、1880年ころ作られた。
 日本には 大正時代に導入され、本州・四国・九州で園芸用に栽培する。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index