つくばねうつぎ (衝羽根空木) 

学名  Abelia spathulata
日本名  ツクバネウツギ
科名(日本名)  スイカズラ科
  日本語別名  コツクバネ、ウサギカクシ、ツクバネタニウツギ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2006/04/15 神代植物公園

2006/05/05 同上
2007/04/29 同左
2007/04/29 同上
2005/04/30  秩父市羊山公園

2007/05/12 神代植物公園

2005/09/18 同上


 ツクバネウツギ属 Abelia(六道木屬)の植物には、次のようなものがある。
   A. biflora(六道木・交翅木)
 遼寧・内蒙古・華北・山西。『中国本草図録』Ⅳ/1865
   A. buddleioides(Zabelia buddleioides, Z.stenantha;醉魚草状六道木)
        
雲南西北部・四川西南部
   タイワンツクバネウツギ
(広義) A. chinensis(糯米條・茶條樹) 浙江・江西・福建・兩湖・兩廣・四川
     タイワンツクバネウツギ
(狭義) var. ionandra(A.ionandra;糯米條・茶條樹)
   A. chowii(福建六道木)
 福建
   A. dielsii(Zabelia brachystemon;南方六道木・雲南六道木)
         
河南・安徽・浙江・江西・陝西・甘肅・湖北・四川・雲南。『雲南の植物Ⅰ』210
   A. engleriana(短枝六道木・通花梗・紫荊丫)
 陝西・湖北・四川
   セイナンツクバネウツギ A. forrestii(細瘦六道木・川滇六道木) 
『雲南の植物Ⅰ』210
   ハナツクバネウツギ A.×grandiflora(大花六道木;E.Glossy abelia)
   マルバツクバネウツギ A.×integerrima(A.serrata var.integerrima)
   イワツクバネウツギ A. integrifolia(Zabelia integrifolia)
   A. macrotera(二翅六道木)
 兩湖・四川・貴州
   コバノツクバネウツギ A. parvifolia(小葉六道木・鷄亮肚花・鷄肚子)
 湖北・四川・雲南・貴州
        
 『雲南の植物Ⅱ』215・『中国本草図録』Ⅴ/2326
   コツクバネウツギ A. serrata
   ツクバネウツギ A. spathulata
     タキネツクバネウツギ var. colorata
     ベニバナノツクバネウツギ var. sanguinea
     ウゴツクバネウツギ var. stenophylla
   オオツクバネウツギ A. tetrasepala(A.spathulata var.tetrasepala)
   A. umbellata(傘花六道木)
 陝西・湖北・四川・雲南
   A. uniflora(單花六道木)

 最近は、イワツクバネウツギ属 Zabeliaを独立させることが多い。 
 スイカズラ科 Caprifoliaceae(忍冬科)については、スイカズラを見よ。
 和名は、花が終った後もながく残る五枚のがく片が、羽根突きの羽根の形に似ていることから。
 和名を何々空木と呼ぶ植物については、ウツギを見よ。
 日本(本州・四国・九州)の山地に生える。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index