はぐまのき (白熊木)

学名  Cotinus coggygria
日本名  ハグマノキ
科名(日本名)  ウルシ科
  日本語別名  カスミノキ、ケムリノキ、スモークツリー
漢名  黄櫨(コウロ,huanglu)
科名(漢名)  漆樹(シツジュ,qishu)科
  漢語別名  櫨木(ロボク,lumu)
英名  Smoke tree, smoke bush, Venetian sumac
2010/05/28 神代植物公園

2007/06/19 小石川植物園

 ハグマノキ属 Cotinus(黄櫨屬)には、次のようなものがある。
   ハグマノキ C. coggygria(黄櫨)
     var. atropurpurea
     var. cinerea(灰毛黄櫨・紅葉・黄道櫨)
 『中国本草図録』Ⅳ/1729
     var. pendula
     var. pubescens(毛黄櫨)
 『中国本草図録』Ⅴ/2191
   C. nana(矮黄櫨) 
『雲南の植物Ⅰ』179
   C. obovatus
北アメリカ南東部産 
 ウルシ科ANACARDIACEAE(漆樹科)については、ウルシ科を見よ。
 和名に見るはぐま(白熊)は、ヤクの毛で作った白い払子。ハグマノキは、その花の形から。
 日本では、古来黄櫨をハゼノキにあてているが、漢名を黄櫨というものはこのハグマノキである。
 英名は、花の形から。和名別名は、その和訳か。
 ヨーロッパ南部からヒマラヤ、中国中部まで分布。
 中国では、黄櫨染(こうろぜん)の原料とし、皇帝の衣服を染めた。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index