はぜのき (櫨木) 

学名  Rhus succedanea(Toxicodendron succedaneum)
日本名  ハゼノキ
科名(日本名)  ウルシ科
  日本語別名  ハジ、リュウキュウハゼ(琉球櫨)、キハゼ(黄櫖)、トウハゼ(唐櫖)
漢名  野漆樹(ヤシツジュ,yeqishu)
科名(漢名)  漆樹科
  漢語別名  木蠟樹(ボクロウジュ,mulashu)、洋漆樹(ヨウシツジュ,yangqishu)
英名  Wax tree
2008/04/17 薬用植物園 2007/05/03 薬用植物園
2007/05/26 同上
2005/08/11 薬用植物園

2006/10/28 同上
2006/11/26 同上
2006/01/15 同上
 変種にアンナンウルシ var. dumortieri があり、漆液を採取するために東南アジアで栽培する。
 ウルシ属 Rhus(漆樹屬)については、ウルシを見よ。
 古代の日本で ハゼハジと呼ばれていた植物は、国産のヤマハゼ
 ハゼノキは 室町時代に日本に入り、蝋を取るために広く一般に栽培した。初め 在来種に対して琉球櫨・唐櫨・黄櫨と呼んだが、やがてこちらをハゼ・ハゼノキと呼ぶようになり、在来種は利用が減ったため ヤマハゼと呼び、両者を区別した。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)黄櫨に「和名波迩之」と。
 上記のように、日本ではハゼノキの漢字表記を黄櫨(おうろ)にあてて今日に至るが、漢名を黄櫨(コウロ,huanglu)というものはハグマノキである。
 中国(河北・華東・華南・西南)・臺灣・インドシナ半島・マレーシア・ヒマラヤに分布。
 今日では、栽培品が野生化し、関東以西に広く自生する。
 中国では、根・葉・樹皮・果を 薬用にする。また、ヤマハゼ R. sylvestris (木蠟樹)も 同様に用いる。
 古代日本では、ヤマハゼの材を弓を作るのに用いた。『古事記』巻上、天孫降臨の条に、
 ・・・故爾に天忍日命(あめのおしひのみこと)・天津久米命(あまつくめのみこと)の二人、天の石靫(いはゆぎ)を取り負い、頭椎(くぶつち)の大刀(たち)を取り佩(は)き、天の波士(はじ)弓を取り持ち、天の真鹿児(まかこ)矢を手挟み、御前(みさき)に立ちて仕へ奉りき。・・・
 同じ場面、『日本書紀』巻2・第9段一書第4には、「天梔弓(あまのはじゆみ)」とあり、註に「梔、此をば波茸(はじ)と云ふ。音(こゑ)は之移の反(かへし)」とある。

 『万葉集』には、

   ・・・はじゆみ
(弓)を たにぎ(手握)りも(持)たし
   まかごや
(真鹿児屋)を たばさ(手挟)みそ(添)へて・・・ (20/4465,大伴家持)
 
 西行(1118-1190)『山家集』に、

   山ふかみ まど
(窓)のつれづれ と(訪)ふものは いろづきそむる はじのたちえだ(立枝)

 『新古今集』に、

   鶉なくかた野にたてるはじ紅葉ちりぬばかりに秋風ぞ吹く (藤原親隆)
 
 中国では、歴史的には ハゼノキとヤマハゼとを区別せず、いずれも野漆樹・木蠟樹と呼び、古くから木蠟を採取してきた。
 ハゼノキ(黄櫖)から作る蝋と製法は、琉球を経由して、室町時代に日本に伝えられた。
 日本では、17世紀以降各地でさかんに栽培し、和蠟燭・着物の艶出しなどに用い、今日に至る。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index