まんどれーく (マンドレーク) 

学名  Mandragora officinarum
日本名  マンドレーク
科名(日本名)  ナス科
  日本語別名  マンドラゴラ、マンダラゲ(曼陀羅華)、コイナスビ(恋茄子)
漢名  茄參(カシン,qieshen)
科名(漢名)  茄科
  漢語別名  曼陀羅華(マンダラカ,mantuoluohua)
英名  Mandrake, Mandragora
2007/03/04 薬用植物園
Mandragora autumnale  2007/04/06 薬用植物園
2007/04/19 薬用植物園 2007/05/10 同左 2007/05/26 同左

 Mandragora(茄參屬)には、次のようなものがある。
   M. autumnalis
   M. caulescens(茄參・曼陀茄・向陽花)『雲南の植物T』243・『雲南の植物』196・
         
『中国本草図録』X/2304、『中草藥現代研究』Up.542
     ssp. purpurascens(茄參) 『中国本草図録』[/3795
   マンドレーク
(マンダラゲ・コイナスビ) M. officinarum(茄參) 
 ナス科 SOLANACEAE(茄科)については、ナス科を見よ。
 和漢の曼陀羅華(まんだらげ, mantuoluohua)は、ともに英名 Mandrake・学名 Mandragora の音写。
 和漢いずれが早くこの訳語を作ったのかは、筆者は未確認。手許の『英華大辭典』
(商務印書館、1st ed.,1920;5th ed.,1925)には、Mandrake の訳語として「曼陀羅華」のみを上げている。
 和名・漢名を曼陀羅・曼陀羅華と呼ぶ植物については、デイコを見よ。
 ペルシア原産か。のち地中海地方に広がる。
 古来有名な毒草。
 聖書の時代から、催眠剤・幻覚剤引いては媚薬として用いられてきた。
『旧約聖書』創世記30に、
 小麦の刈り入れのころ、ルベンは野原で恋なすびを見つけ、母レアのところへ持って来た。ラケルがレアに、「あなたの子供が取ってきた鯉なすびをわたしに分けてください」と言うと、レアは言った。「あなたは、わたしの夫を取っただけでは気が済まず、わたしのむすこの恋なすびまで取ろうとするのですか。」「それでは、あなたの子供の恋なすびの代わりに、今夜あの人があなたと床を共にするようにしましょう」とラケルは答えた。夕方になり、ヤコブが野原から帰って来ると、レアは出迎えて言った。「あなたはわたしのところに来なければなりません。わたしは、息子の恋なすびであなたを雇ったのですから。」その夜、ヤコブはレアと寝た。神がレアの願いを聞き入れられたので、レアは身ごもってヤコブとの間に五人目の男の子を産んだ。
 And Reuben went in the days of wheat harvest, and found mandrakes in the field, and brought them unto his mother Leah. Then Rachel said to Leah, Give me, I pray thee, of thy son's mandrakes.
 And she said unto her, Is it a small matter that thou hast taken my husband? and wouldest thou take away my son's mandrakes also? And Rachel said, Therefore he shall lie with thee to-night for thy son's mandrakes.
 And Jacob came out of the field in the evening, and Leah went out to meet him, and said, Thou must come in unto me; for surely I have hired thee with my son's mandrakes, And he lay with her that night.

『同』雅歌7に、
 恋なすは香り、
 そのみごとな実が戸口に並んでいます。
 新しい実も、古い実も
 恋しい人よ、あなたのために取っておきました。
 The mandrakes give a smell, and at the gates are all manner of pleasant fruits, new and old, which I have laid up for thee, O my beloved.

 以上、和文は新共同訳(1987)、英文は King James version(1611)。
 
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index