たねつけばな (種漬花) 

学名  Cardamine flexuosa
日本名  タネツケバナ
科名(日本名)  アブラナ科
  日本語別名  タガラシ(田芥)
漢名  彎曲碎米薺(ワンキョクサイベイセイ,wanqusuimiji)
科名(漢名)  十字花(ジュウジカ,shizihua)科
  漢語別名  曲枝碎米薺
英名  Flexuose bittercress
2007/03/26 三芳町竹間沢
2006/03/02 小平市
2006/03/11 神代植物公園
2009/04/16 入間市宮寺

 タネツケバナ属 Cardamine(碎米薺属)には、世界に約160種がある。

   C. agyokumontana(阿玉碎米薺)
   ミツバコンロンソウ C. anemonoides
   ヒロハコンロンソウ C. appendiculata
   C. arisanensis(高山碎米薺)
   C. baishanensis(長白山碎米薺)
   C. calcicola(岩生碎米薺)
   C. circaeoides(露珠碎米薺)
   C. delavayi(洱源碎米薺)
   オオケタネツケバナ C. dentipetata
   C. engleriana(光頭山碎米薺)
   タネツケバナ C. flexuosa (彎曲碎米薺・曲枝碎米薺・碎米薺・蔊 菜;
        E.Flexiose bittercress)『中国雑草原色図鑑』77
   C. glaphyropoda(四川碎米薺)
   C. gracilis(纎細碎米薺)
   C. griffithii(山芥碎米薺・山芥菜)
   C. heterophylla(異葉碎米薺)
   ミチタネツケバナ C. hirsuta (碎米薺・毛碎米薺・雀兒菜;E.Hairy bittercress)
         『中国本草図録』Ⅹ/4615・『中国雑草原色図鑑』78
   C. hygrophila(濕生碎米薺)
   ジャニンジン C. impatiens (彈裂碎米薺・水花菜・水菜花)
 『中国本草図録』Ⅲ/1150
   C. imprichtiana(心葉碎米薺)
   C. komarovii(翼柄碎米薺)
   コンロンソウ C. leucantha (C.dasyloba,C.cathayensis;白花碎米薺・
        菜子七・山芥菜)
   ミズタガラシ C. lyrata (水田碎米薺・白花石芥菜・小水田薺・水田薺,
        苗名.阿英久)
   C. macrophylla(大葉碎米薺・普賢菜)
『雲南の植物』114・『中国本草図録』Ⅳ/1648
   C. microzyga(小葉碎米薺)
   C. multiflora(多花碎米薺)
   ミヤマタネツケバナ C. nipponica
   コタネツケバナ C. parviflora (小花碎米薺;E.Smallflowered bittercress)
   C. polyphylla(石芥花)
 『雲南の植物Ⅰ』86
   C. pratensis(草地碎米薺・草甸碎米薺)
   C. prorepens(伏水碎米薺)
   オオバタネツケバナ C. regeliana
 嫩芽を刺身の妻にし、テイレギ(葶藶)と呼び、伊予の名産
   C. reniformis(腎葉碎米薺)
   C. resedifolia var. morii(天池碎米薺)
   C. rockii(鞭枝碎米薺)
   C. scaposa(C.denudata;裸莖碎米薺・落葉梅)
 『中国本草図録』Ⅴ/2120
   エゾノジャニンジン C. schiziana
   C. schulziana(C.tenuifolia;細葉碎米薺・細葉石芥菜)
   C. scutata(圓齒碎米薺)
   C. simplex(單莖碎米薺)
   C. smithiana(腺萼碎米薺)
   マルバコンロンソウ C. tanakae
   C. tangutorum (紫花碎米薺・石芥菜)
 『中国本草図録』Ⅳ/1649
   C. trifoliolata(三小葉碎米薺)
   C. urbaniana(華中碎米薺・婦人參・普賢菜・菜子七・半邊菜)
   C. violacea(菫色碎米薺)
   C. violifolia(菫葉碎米薺)
   エゾワサビ C. yezoensis
   C. yunnanensis(雲南碎米薺)
   C. zhejizngensis(浙江碎米薺・大葉水尖) 
 アブラナ科 Brassicaceae(Cruciferae;十字花科)については、アブラナ科を見よ。
 和名は、苗代を作る直前、米の種籾を水に漬ける時期に花を開くことから。
 正名のタガラシは、Ranunculus sceleratus(石龍芮・無毛野芹菜・鴨巴掌・水菫)。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』17(1806)有名未用に、「碎米柴 タガラシ タネツケバナ佐州 カハタカナ薩州 スゞナ同上」と。
 漢名の薺はナズナ。
 広く北半球に分布。 
 若葉を食用にする。中国では、全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index