しらねせんきゅう (白根川芎)

学名  Angelica polymorpha
日本名  シラネセンキュウ
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  スズカゼリ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/08/29 群馬県嬬恋村

 変種に、var. sinensis(A.sinensis;當歸・秦歸・雲歸)がある。
 シシウド属 Angelica(當歸屬)については、シシウドを見よ。
 和名は、白根山に見られる センキュウに似たもの、の意。
 日本(本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北)に分布。
 var. sinensis(A.sinensis;當歸)は、中国の陝西・甘肅・湖北・四川・貴州・雲南に分布するが、多くは栽培するものであり、野生は少ない、という。
 中国では、var. sinensis(A.sinensis;當歸)の根を當歸(当帰,トウキ,danggui)と呼び、薬用にする。甘肅産を最好とする。
 また、吉林省延邊朝鮮族自治區では、トウキ(ニホントウキ)A. actiloba(東當歸・延邊當歸)を、當歸として用いる。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index