ぬすびとはぎ (盗人萩) 

学名   Desmodium podocarpum subsp. oxyphyllum var. japonicum (D.oxyphyllum, D.racemosum)
日本名  ヌスビトハギ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  
漢名  山螞蝗(サンバコウ,shanmahuang)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  
英名  
2005/09/03   野川公園自然観察園
2005/09/25 野川公園自然観察園 2005/10/15 同左
Desmodium podocarpum には、次のような亜種・変種がある。

 マルバヌスビトハギ ssp. podocarpum(D.racemosum var. villosum)
         
日本(本州岩手県以南・四国・九州)・中国・臺灣に分布。平地・低山地の陽地に生ずる。
 ケヤブハギ ssp. fallax(D.fallax, D.racemosum var.dilatatum;寛卵葉山螞蝗・假山綠豆)
         
日本(本州岩手県以南・四国・九州)・中国(安徽・浙江・福建・江西・湖北・廣東・貴州)・臺灣に分布。
 ヌスビトハギ
(広義) ssp. oxyphyllum
   ヌスビトハギ
(標準) var.japonicum(D.oxyphyllum, D.racemosum;山螞蝗・尖葉山螞蝗・
       尖葉長柄山螞蝗)
   ヤブハギ var. mandshuricum(D.mandshuricum, D.fallax var.mandshuricum,
       D.racemosum var.mandshuricum, D.oxyphyllum var.mandshuricum;東北山螞蝗・
       長柄山螞蝗・菱葉山螞蝗)
 ヌスビトハギ属 Desmodium(山螞蝗屬・綠豆屬)には、次のようなものがある。
   ハナヌスビトハギ D. blandum(D.elegans;毛排錢樹・連理尾樹)『中国本草図録』Ⅸ/4191
   ミソナオシ D. caudatum(Ohwia caudata, Catenaria caudatum;小槐花・拿身草・味噌草)
        
 『中国本草図録』Ⅱ/0621
   D. duclouxii → D. henryi
   D. dunnii(單節莢假木豆・小葉山木豆)
   ハナヌスビトハギ D. elegans(圓錐山螞蝗)
   D. esquirolii(圓錐山螞蝗)
 『中国本草図録』Ⅶ/3175
   D. fallax(寛卵葉山螞蝗・假山綠豆) → D. podocarpum ssp. fallax
   フジバナマメ D. floribundum(紫藤小槐花・野黄豆)
 臺灣産
   タマツナギ D. gangeticum(大葉山螞蝗・粘人草・粘草・粘波波大葉山螞蝗)
        
 『中国本草図録』Ⅱ/0622
   D. griffithianum
   マイハギ D. gyrans(Codariocalyx gyrans;舞草・紅毛母鷄草・風流草・自動草)
        
 『中国本草図録』Ⅱ/0623
   マイハギモドキ D. gyroides(Codariocalyx gyroides,Hedysarum gyroides;圓葉舞草)
         『中国本草図録』Ⅹ/4654
   D. henryi(D.duclouxii;水藜・紅野豆・野黄豆・鶴慶山螞蝗)
   シバハギ
(クサハギ) D. heterocarpon(var.patule-pilosum, var.buergeri;異葉山螞蝗・
        假地豆・小槐花・異果山綠豆・稗豆・山花生・狗尾花) 『中国本草図録』Ⅹ/4655
     var. strigosum(糙毛假地豆)『中国本草図録』Ⅸ/4192
   カワリバマキエハギ D. heterophyllum(假地豆・異葉山螞蝗)
   イリノイヌスビトハギ D. illinoense 
帰化種
   タチシバハギ D. incanum(D.canum)
   フジボツルハギ D. intortum
   リュウキュウヌスビトハギ D. laterale(D.laxa ssp.laterale, Hylodesmum laterale)
   ホソミハギ D. laxiflorum(疏花山螞蝗・疏花山綠豆・大葉拿身草)
   オオバヌスビトハギ D. laxum(D.austrojaponense, Hylodesmum laxum)
   トキワヤブハギ D. leptopus(D.laxum ssp.leptopus, Hylodesmum leptopus,
        D.tashiroi,Podocarpium leptopus;細柄山綠豆・細長柄山螞蝗・長果柄山螞蝗)
         『中国本草図録』Ⅹ/4656
   マイハギ D. motorium(Codariocalyx motorius)
   ヒメノハギ D. microphyllum(Codariocalyx microphyllus;
        小葉三點金草・小葉山綠豆・小葉三點金)
        
 『雲南の植物Ⅱ』136・『中国本草図録』Ⅱ/0624
   D. multiflorum(餓螞蝗) 『中国本草図録』Ⅷ/3657
   アメリカヌスビトハギ D. obtusum(D.rigidum)
帰化種
   フジカンゾウ D. oldhamii(Hylodesmum oldhamii,Podocarpium oldhamii;
        羽葉山螞蝗・藤甘草)
   D. oxyphyllum → D. podocarpum ssp. oxyphyllum
   アレチヌスビトハギ D. paniculatum
帰化種
   D. podocarpum(Hylodesmum podocarpum, Podocarpium podocarpum)
   D. pseudo-triquetrum(蔓莖葫蘆茶・舗地葫蘆茶) 『中国本草図録』Ⅹ/4657
   ウチワツナギ D. pulchellum(Phylloodium pulchellum;排錢草・笠碗子樹・尖葉阿婆錢・
         牌錢樹)
 『中国本草図録』Ⅰ/0124
   D. racemosum(山螞蝗) → D. podocarpum ssp. oxyphyllum
   ジンヨウマキエハギ D. renifolium(腎葉山螞蝗・腎葉山綠豆・馬蹄金)
   D. reticulatum(D.heterocarpum ssp.angustifolium;狹葉假地豆・顯脈山綠豆)
         『中国本草図録』Ⅸ/4193
   D. rubrum(絹毛山螞蝗・單葉假地豆・紅山螞蝗)
『中国本草図録』Ⅸ/4194
   D. sambuense(餓螞蝗・紅掌草・粘身草・山豆根) 『中国本草図録』Ⅶ/3176
   ハナタチシバハギ D. sandwicense
   アコウマイハギ D. scorpiurus
   オオバマイハギ D. sinuatum(D.sequax;波葉山螞蝗・瓦子草・牛巴嘴)
 『中国本草図録』Ⅰ/0125
   D. styracifolium(金錢草・廣金錢草・落地金錢・龍鱗草)
 『中国本草図録』Ⅰ/0126
   D. szechuanense(四川山螞蝗・四川長柄山螞蝗・蚍子草)
   ムラサキヌスビトハギ D. tortuosum(D.purpureum)
帰化種
   D. triangulare(假木豆・野馬蝗・千金不藤)
   ハイマキエハギ D. triflorum(三點金草)
 『中国本草図録』Ⅰ/0127
   タデハギ D. triquetrum(Tadehagi triquetrum;葫蘆茶・百勞舌・三脚虎)
   オオキハギ D. umbellatum(胡蠅翼・臺灣山螞蝗)
   D. velutinum(絨毛山螞蝗・絨毛山綠豆)
 『中国本草図録』Ⅳ/1690
   D. williamsii
1973ヒマラヤで発見
   D. zonatum(單葉拿身草・單葉餓螞蝗) 『中国本草図録』Ⅹ/4658 
 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。
 そのマメ亜科 Papilionoideae(Faboideae;蝶形花亞科)乃至マメ科 Papilionaceae(Fabaceae;蝶形花科)については、マメ亜科を見よ。
 和名のヌスビトハギとは、「泥棒が室内に侵入する時、足音のしないように、足の裏の外側を使って歩くその足跡に、豆果の形が似ているというのでこの名がついた」(牧野)フジカンゾウにヌスビトノアシの別名があることからの類推という。いわゆる「抜き足 差し足」の足跡を言うものか。
 しかし別の一説に、ヌスビト某という名は、気がつかない間に、その果実が動物や人の体に取りつく植物を指す接頭語であり、ヌスビトハギも知らないうちに衣服に実が附くことからかく言うものとする。
 漢名に含まれる螞蝗とは「うまびる」。実が動物の毛にくっつくことから。
 属名 Desmodium は、ギリシア語の「鎖の帯」に由来、やはり果実の形から。
 日本(北海道・本州・四国・九州・琉球)・朝鮮・中国(江蘇・安徽・浙江・福建・江西・兩廣・四川・貴州・雲南)・臺灣・ヒマラヤ・ビルマに分布。平地・山地の草地・林縁・路傍等に生ずる。
 中国では、根・全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index