ねこのめそう (猫眼草) 

学名  Chrysosplenium grayanum
日本名  ネコノメソウ
科名(日本名)  ユキノシタ科
  日本語別名  
漢名  金腰(キンヨウ,jinyao)
科名(漢名)  虎耳草(コジソウ,hu'ercao)科
  漢語別名  猫眼草
英名  
2009/04/20 仙台市東北大学植物園
2007/04/30 あきる野市留原 (田の畔)
 ネコノメソウ属 Chrysosplenium(金腰屬)には、北半球の温帯・寒帯に約60種がある(内2種のみは南アメリカ南部に隔離分布)
  シロバナネコノメソウ C. album(var.album) 
本州近畿以西・四国・九州に分布
    キバナハナネコノメ var. flavum
    キイハナネコノメ var. nachiense
    ハナネコノメ var. stamineum
  C. alternifolium(金腰子) 『中国本草図録』Ⅹ/4620
    エゾネコノメソウ
(カラフトネコノメソウ) var. sibiricum(C.sibiricum, C.serreanum;
        瓦葉金腰)
    var. chinense(乳突金腰)
  C. axillare(長梗金腰)
  C. biondianum(秦嶺金腰)
  C. davidianum(銹毛金腰・螞■
{虫偏に黄}鏽) 『雲南の植物Ⅰ』96・『中国本草図録』Ⅶ/3140
  C. delavayi(腎萼金腰)
  イワネコノメソウ C. echinus
  ホクリクネコノメ C. fauriei
  ツルネコノメソウ C. flagelliferum
  C. forrestii(滇西金腰)
 『中国本草図録』Ⅷ/3612
  ネコノメソウ C. grayanum(金腰・猫眼草)
  C. griffithii(腎葉金腰)
 『中国本草図録』Ⅶ/3141・『原色高山植物大図鑑』462
  C. henryi(蛻葉金腰)
  ヤマネコノメソウ C. japonicum
 日本(全国)・朝鮮・中国(東北)に分布
  チシマネコノメソウ C. kamtschaticum
    ミチノクネコノメソウ var. aomorense
  ボタンネコノメソウ C. kiotense(C.fauriei var.kiotense)
  C. lanugnosum(綿毛金腰)
  C. macrophyllum(大葉金腰・馬耳朶草・龍香草・虎皮草・大虎耳草)
  イワボタン C. macrostemon
    ヨゴレネコノメ var. atrandrum
    ニッコウネコノメ var. shiobarense
    キシュウネコノメ var. calicitrapa
    サツマネコノメ var. viridescens(C.veridescens)
  ムカゴネコノメソウ C. maximowiczii
  ヒダボタン C. nagasei(var.nagasei)
    ヒメヒダボタン var. luteoflorum
    アカヒダボタン var. porphyranthes
  C. nepalense(山溪金腰)
    var. cavaleriei(滇黔金腰)
  C. nudicaule(裸莖金腰)
  C. pilosum(毛金腰子)
 『中国本草図録』Ⅲ/1161
    コガネネコノメソウ var. sphaerospermum(C.sphaerospermum)
    オオコガネネコノメソウ var. fulvum(C.sphaerospermum var.fulvum)
    var. valdepilosum(毛金腰・脈毛金腰・展脈毛金腰)
『中国本草図録』Ⅳ/1656
  C. pseudo-cochleae(林金腰子)
 『中国本草図録』Ⅲ/1160
  オオイワボタン C. pseudo-fauriei(異葉金腰)
 日本(徳島県)・朝鮮・中国(東北)・ウスリーに分布
    ヒメオオイワボタン var. nipponense
  C. pseudo-pilosum
    ヤマシロネコノメ var. divaricatistylosum
    トウネコノメ var. pseudo-pilosum
  マルバネコノメソウ C. ramosum
  ツクシネコノメソウ C. rhabdospermum
    トゲミツクシネコノメ var. shikokianum
  C. sinicum(中華金腰・金腰子)
  タチネコノメソウ C. tosaense
  C. uniflorum(單花金腰) 
 ユキノシタ科 Saxifragaceae(虎耳草科)については、ユキノシタ科を見よ。
 和名は、果実が縫合線に沿って裂け 中に褐色の種子がのぞく様子を、瞳孔を細くした猫の眼に擬えて。
 属名は、ギリシア語「金の chrysos」「脾臓 splen」、属の基準種の花などの色が黄色であったこと、及び脾臓の病気を癒すのに用いられたことから。
 日本・南千島に分布。
 埼玉県では絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index