ゆきのした (雪の下) 

学名  Saxifraga stolonifera
日本名  ユキノシタ 
科名(日本名)  ユキノシタ科
  日本語別名  
漢名  虎耳草(コジソウ,hu'ercao)
科名(漢名)  虎耳草科
  漢語別名  澄耳草(チョウジソウ,cheng'ercao)、金錢吊芙蓉(キンセンチョウフヨウ,jinqian diaofurong)、金絲荷葉(キンシカヨウ,jinsi heye)
英名  Creeping rockfoil
2009/04/16 入間市宮寺  (自生)

2007/05/19 小平市 (栽培)


 ユキノシタ科 Saxifragaceae(虎耳草科)の位置づけや分類は、諸説があって定まらないようである。
 ここでは『日本の野生植物』に従い、その亜科・属を通覧する。

 Escallonioideae(多香木亞科)
   Escallonia
   Polyosma(多香木屬)
 アジサイ亜科 Subfam. Hydrangeoidae(八仙花亞科)
 → アジサイ科を見よ
 ズイナ亜科 Subfam. Iteoideae(老鼠刺亞科)
   ズイナ属 Itea(老鼠刺屬)
 キレンゲショウマ亜科 Subfam. Kirengeshomoideae(黄山梅亞科)
 → アジサイ科を見よ
 ウメバチソウ亜科 Subfam. Parnassioideae(梅花草亞科)
   ウメバチソウ属 Parnassia(梅花草屬)
 北半球に約50種
 タコノアシ亜科 Subfam. Penthoroideae((扯)根菜亞科)
   タコノアシ属 Penthorum((扯)根菜屬)
 スグリ亜科 Subfam. Ribesioideae 中国ではユキノシタ亜科の内
   スグリ属 Ribes(茶藨子屬)
 ユキノシタ亜科 Subfam. Saxifragoideae(虎耳草亞科)
   チダケサシ属 Astilbe(落新婦屬)
   Astilboides(山荷葉屬)
   ヒマラヤユキノシタ属 Bergenia(岩白菜屬)
   アラシグサ属 Boykinia 
約7種
     アラシグサ B. lycoctonifolia(Neoboykinia lycoctonifolia)
   ネコノメソウ属 Chrysosplenium(金腰屬)
   チャルメルソウ属 Mitella(嗩吶草屬)
   イワヒメヤツデ属 Mukdenia(槭葉草屬)
 1属1種
   Oresitrophe(獨根草屬)
   ヤワタソウ属 Peltoboykinia
   ヤグルマソウ属 Rodgersia(鬼燈檠屬)
   ユキノシタ属 Saxifraga(虎耳草屬)
   イワユキノシタ属 Tanakaea(峨屏草屬)
 日本・中国に各1種
     ガビサンヤマユキノシタ T. omeiensis
     イワユキノシタ T. radicans
   ズダヤクシュ属 Tiarella(黄水枝屬)
 世界に7種


 上記のうち、Escallonia、Polyosma(多香木屬)、ズイナ属 Itea、スグリ属 Ribes など24属を、スグリ科 Grossulariaceae として独立させる説がある。
 また、アジサイ亜科 Hydrangeoidae(八仙花亞科)及びキレンゲショウマ亜科 Kirengeshomoideae(黄山梅亞科)を、アジサイ科 Hydrangeaceae として独立させることがある。
 ユキノシタ属 Saxifraga(虎耳草屬)には、東アジアには次のようなものがある。

   エチゼンダイモンジソウ S. acerifolia(S.cortusifolia var.partita,
         S.fortunei var.aprtita)
   S. andersonii
ヒマラヤ東部産、『週刊朝日百科 植物の世界』5-273
   S. atrata(黑化虎耳草)
   S. atrigosa(伏毛虎耳草)
   S. auriculata(耳状虎耳草)
   S. balfourii(馬耳山虎耳草)
   S. brachypoda(短柄虎耳草)
        var. fimbriata(流蘇虎耳草)
   キヨシソウ S. bracteata
   S. bronchialis ssp. funstonii
     チャボシコタンソウ var. cherlerioides(S.cherlerioides)
     シコタンソウ var. rebunshirensis(S.rebunshirensis,
        S.bronchialis ssp.funstonii var. rebunshirensis)
     ユウバリクモマグサ var. yuparensis(S. yuparensis)
   S.bulleyana(小泡虎耳草)
   S. calcicola(灰岩虎耳草)
 『雲南の植物Ⅰ』98
   S. candelabrum(燭臺虎耳草・松蒂) 『中国本草図録』Ⅷ/3616
   ムカゴユキノシタ S. cernua (點頭虎耳草)
   S. chionophila(雪地虎耳草)
   S. confertifolia(聚葉虎耳草)
   ジンジソウ S. cortusifolia(S.madida)
     ツルジンジソウ var. stolonifera
   S. densifoliata(密葉虎耳草)
   S. diversifolia(異葉虎耳草・江陽大兀)
        
ヒマラヤ産、『雲南の植物Ⅰ』98・『中国本草図録』Ⅷ/3617
   S. engleriana
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』5-271
   S. eregia(優越虎耳草)
   S. flagellaris(大花虎耳草) 『中国本草図録』Ⅷ/3618
   S. filicaulis(綫莖虎耳草)
 『雲南の植物Ⅰ』99
   S. flabellifolia(扇葉虎耳草)
   S. flagellaris
『原色高山植物大図鑑』487
     var. megistantha(大花虎耳草)
   S. fortunei (華中虎耳草)
     ダイモンジソウ var. incisolobata(var.alpina, var.crassa, var.mutabilis,
        S.mutabilis)
     イズノシマダイモンジソウ var. jotanii(S.jotanii)
     ヤクシマダイモンジソウ var. minima
     ウチワダイモンジソウ var. obtusouneata
     チケシマダイモンジソウ var. pilosissima
     ナメラダイモンジソウ var. swoensis
   S. fusca
     エゾクロクモソウ ssp. fusca(S.fusca var.divaricata)
     クロクモソウ ssp. kikubuki
       ナンゴククマロクモソウ var. kiusiana
     チシマクロクモソウ var. kurilensis
   S. gemmipara(芽生虎耳草)
   S. giraldiana(秦嶺虎耳草)
   タマユキノシタ S. granulata
   S. hirculus(山羊臭虎耳草・色蒂) 『中国本草図録』Ⅷ/3619
   フキユキノシタ S. japonica
   S. josephii(太白虎耳草)
   クモマユキノシタ
(ヒメヤマハマソウ) S. laciniata (條裂虎耳草)『中国本草図録』Ⅳ/1662
     ツルクモマグサ var. takedana(S.takedana)
   S. lumpuensis(道孚虎耳草)
   S. lychnitis(燃燈虎耳草) 
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』5-267
   S. macrostigma(大柱頭虎耳草)
   S. manchuriensis(東北虎耳草)
 『中国本草図録』Ⅲ/1165
   S. melanocentra(黑心虎耳草・黑蕊虎耳草)
        ヒマラヤ産、『中国本草図録』Ⅷ/3620・『週刊朝日百科 植物の世界』5-270
   S. mengtzeana(雲南虎耳草)
   S. merkii
     チシマクモマグサ var. merkii
     クモマグサ var. idsuroei
   S. microgyna(小果虎耳草)
   S. montana(山地虎耳草)
 『中国本草図録』Ⅷ/3621
   S. mucronulata
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』5-271
   S. nelsoniana
     チシマイワブキ var. reniformis(S.punctata ssp.reniformis, S.reniformis)
     タテヤマイワブキ var. tateyamensis
   S. nigro-glandulifera(垂頭虎耳草) 『中国本草図録』Ⅷ/3622
   ハルユキノシタ S. nipponica
   エゾノクモマグサ S. nishidae
   S. nutans(垂頭虎耳草)
   S. oppositifolia
北半球の高山・極地に分布
   S. ovatocordata(卵心葉虎耳草)
   S. pallida
ヒマラヤに分布
     f. foliosa(多葉虎耳草)
   S. pardanthina(豹紋虎耳草)
   S. parva
ヒマラヤ東部産
   S. pratensis(草地虎耳草)
   S. przewalskii(大通虎耳草)
   S. pseudo-hirculus(狹瓣虎耳草)
   S. pulchra(美麗虎耳草)
   チョウセンイワブキ S. punctata (斑點虎耳草)
 『中国本草図録』Ⅲ/1166
     チシマイワブキ ssp. reniformis(S,nelsoniana var. reniformis)
   S. punctulata
ヒマラヤ産、『週刊朝日百科 植物の世界』5-268・269
   カラフトキヨシソウ S. radiata
   ヒメキヨシソウ S. rivularis
   S. rufescens(紅毛虎耳草)
『雲南の植物』119
   ヤマハナソウ S. sachalinensis
   S. saginoides
中国(南西部)・ヒマラヤに分布、『週刊朝日百科 植物の世界』5-268
   S. sanguinea(紅虎耳草) 『中国本草図録』Ⅷ/3623
   センダイソウ S. sendaica
   S. sibirica(球莖虎耳草)
   S. signata
『雲南の植物』120・『中国本草図録』Ⅷ/3624
   S. signatella(藏中虎耳草) 『中国本草図録』Ⅷ/3625
   S. stellariifolia(繁縷虎耳草)
   ユキノシタ S. stolonifera(S.sarmentosa;虎耳草・疼耳草・矮虎耳草)
   S. strigosa(伏毛虎耳草)
 『雲南の植物Ⅰ』99
   S. subsessiliflora
中国(西南部)・ヒマラヤ・崑崙山脈に分布、『週刊朝日百科 植物の世界』5-272
   S. tangutica(甘靑虎耳草)
   S. tsangshanensis
『雲南の植物』120
   S. umbellulata f. pectinata(箆齒虎耳草)
『中国本草図録』Ⅴ/2131
   S. unguiculata(爪虎耳草)
   S. unguipetala(爪瓣虎耳草)
   ユウバリクモマグサ S. yubarensis 

 西方には、次のようなものがある。

   S. aizoides
ヨーロッパの地中海沿岸乃至北極圏に分布
   ホシツヅリ S. aizoon
 ピレネー・アルプス・アペニン・北アメリカ原産 
     イシツヅリ var. baldensis
イタリア(バルドー山)原産
   S. caesia
ピレネー・アルプス・カルパチア産
   S. cotyledon
ピレネー・アルプス・ノルウェー原産
   S. exarata 
ヨーロッパの高山に分布
   S. longifolia
ピレネー原産
   S. moscata
   S. muscoides
   S. stellaris
   S. umbrosa 
 和名は、一説に 白い花の下に葉が見えかくれすることから、一説に 冬雪の下でも緑の葉が残ることから。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』16(1806)虎耳草に、「ユキノシタ キジンサウ筑前 イドバス泉州 キンギンサウ石州 イハカヅラ上野 イハブキ越前」と。
 日本(本州・四国・九州)・中国などに分布。
 雌雄異熟。雌蕊に先立ち、雄蕊が熟す。
 葉を薬用・食用にする。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 夏之部」に、「雪の下 初中末。花白し」と。

   わが家の石垣に生ふる虎耳草
(ゆきのした)その葉かげより蚊は出でにけり
     
(1918,斉藤茂吉『つゆじも』)
   枯れ伏しし蕗(ふき)にまぢかき虎耳草ひかりを浴みて冬越えむとす
     
(1937「庭前」,齋藤茂吉『寒雲』)
   きさらぎの寒き日のびて来しかなや衰へて風邪よりたちあがりたり
   虎耳草生ふるところに日が差せば土あらあらし冬逝くらしも
     
(1938「虎耳草」,齋藤茂吉『寒雲』)

   雪の下白く小さく咲きにけり喜蝶が部屋の箱庭の山
 (北原白秋『桐の花』1913)
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index