むらさきけまん (紫華鬘) 

学名  Corydalis incisa
日本名  ムラサキケマン
科名(日本名)  ケシ科 
  日本語別名  ヤブケマン
漢名  刻葉紫菫(コクヨウシキン,keye zijin)
科名(漢名)  罌粟(オウゾク,yingsu)科 (荷包牡丹科) 
  漢語別名  紫菫、紫花魚燈草(シカキョトウソウ,zihuayudengcao)
英名  Incised corydalis
2006/03/26 野川公園自然観察園

2007/04/13 せせらぎ公園
2006/04/15 神代植物公園
2007/04/29 野川公園自然観察園

 キケマン属 Corydalis(紫菫屬)の植物については、キケマン属を見よ。
 和名は、花が紫色のケマンソウ
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』22(1806)紫菫に、「ムラサキケマン ノゼリ大和本草 ヘビマクラ信州 ヂザウノマメ越後 マンダラゲ キツネノチヤブクロ筑後 ヤブニンジン江州 ヤブゼリ同上」と。
 日本・中国(華北・華中)・臺灣に分布。花の色は紅紫色から白っぽいものまで変化がある。
 全草有毒。
 中国では、殺虫剤・外用薬などに用いる。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index