みみなぐさ (耳菜草)

学名  Cerastium holosteoides var. hallaisanense (C. fontanum ssp. vulgare var. angustifolium, C. fontanum ssp. triviale var. angustifolium)
日本名  ミミナグサ
科名(日本名)  ナデシコ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  石竹(セキチク,shizhu)科
  漢語別名  
英名  

2012/08/28 茅野市北山
 ミミナグサ属 Cerastium(卷耳屬)には、約60種がある。
   C. arvense
     セイヨウミミナグサ
(エダウチミミナグサ・カラフトミミナグサ) ssp. arvense
          (卷耳,ケンジ,juan'er) 
広くユーラシア大陸の温帯に分布。
     ssp. strictum
       エダウチミミナグサ var. angustifolium
       ミツモリミミナグサ var. mitsumorense(C.arvense var.ovatum)
   C. caespitosum → C. holosteoides

   コケミミナグサ C. cerastioides(六齒卷耳)
   C. dahuricum(達烏里卷耳)
   オオバナミミナグサ C. fischerianum
     ゲンカイミミナグサ var. molle
   ミカヅキミミナグサ C. formosanum
   C. furcatum (獄ム卷耳)
   オランダミミナグサ
(アオミミナグサ) C. glomeratum (C.viscosum; 球序巻耳・
          粘毛卷耳・婆婆指甲菜・瓜子草・高脚鼠耳草)
 『中国雑草原色図鑑』54
   C. holosteoides(C. caespitosum)
    オオミミナグサ var. holosteoides(C. fontnum ssp. vulgare; 簇生卷耳・
          鵝秧菜) 『中国本草図録』X/2068。
日本(北海道)・中国(東北・華北・西北・長江流域)・
          ユーラシア・北アフリカに分布。『中国本草図録』X/2068。
    ミミナグサ var. hallaisanense (C. caespitosum var. ianthes;
          C. fontanum ssp. trivale var. angustifolium)
   ヤマイミミナグサ C. morrisonense
   ヒロハヤマハコベ C. parvipetalum
   タガソデソウ C. pauciflorum var. amurense
   C. rubescens
     ホソバミミナグサ var. koreanum
     タカネミミナグサ var. ovatum(var. koreanum)
       キクザキタカネミミナグサ f. teatraschistum
     コバノミミナグサ var. ibukiense
   C. schizopetalum
     ミヤマミミナグサ var. schizopetalum
     クモマミミナグサ var. bifidum(var. rupicola)
   テラモトハコベ C. subpilosum
   C. tianshanicum(天山卷耳)
   シロミミナグサ C. tomentosum
   C. viscosum → C. glomeratum
   C. wilsonii(鄂西卷耳) 
 ナデシコ科 Caryophyllaceae(石竹科)については、ナデシコ科を見よ。
 和名は、葉の形をネズミの耳になぞらえて。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11(1806)オナモミの条に、「卷耳ハ ミゝナグサ ネズミノミゝ備前 ホトケノミゝ能州」と。
 日本・樺太・朝鮮・中国・臺灣・インドに分布。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index