からすびしゃく (烏柄杓) 

学名  Pinellia ternata (P. tuberifera)
日本名  カラスビシャク
科名(日本名)  サトイモ科
  日本語別名  ハンゲ(半夏)、ヘソクリ、ヘブス
漢名  半夏(ハンカ,banxia)
科名(漢名)  天南星(テンナンセイ,tiannanxing)科
  漢語別名  三葉半夏、半月蓮(ハンゲツレン,banyuelian)、三歩跳(サンポチョウ,sanbutiao)、地八豆(チハチトウ,dibadou)、守田(シュデン,shoutian)、三葉半夏、三葉老、麻玉果・麻芋子、燕子尾、地雷公、老鴉眼、老瓜蒜、狗芋頭
英名  
2006/05/11 神代植物公園
2006/05/22 新座市中野
2009/05/10 入間市宮寺

 ハンゲ属 Pinellia(半夏屬)には、東アジアの暖帯・温帯に約7種がある。
   ニオイハンゲ P. cordata (滴水珠・水半夏・石半夏・心葉半夏)
   P. integrifolia(石蜘蛛)
   ショウヨウハンゲ P. pedatisecta (狗爪半夏・虎掌・掌葉半夏・獨角蓮)
         
『中国雑草原色図鑑』343
   P. peltata(盾葉半夏)
   P. polyphylla(大半夏) 『中国本草図録』Ⅶ/3407
   カラスビシャク P. ternata (半夏・半月蓮・三歩跳・地八豆)
         『中国雑草原色図鑑』344
     シカハンゲ f. angustata (狹葉變型)
     ヤマハンゲ f. subcuspidata
     ムラサキハンゲ f. atropyrpurea
   オオハンゲ P. tripartita 
 サトイモ科 Araceae(天南星科)については、サトイモ科を見よ。
 和名は、仏焔包の形から。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)半夏及び源順『倭名類聚抄』(ca.934)半夏に、「和名保曽久美」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)半夏に、「カタホソ
延喜式 ホソクミ和名鈔 カラスビシヤク シヤクシサウ ミヅダマ江戸 スゞメノヒシヤク周防 キツネノシヤクシ江州 カラスノコメ同上草津 ヘブス仙台 カブラブス南部 クリコ肥前 ヘヒス奥州 ホゾクリ筑前 ツブロコ佐渡 ヘソクビ備後」と。
 漢名は、李時珍『本草綱目』に、「『礼記月令』に、五月半夏生ず、と。蓋し夏の半ばに当るなり。故に名づく」と。
 広く日本・朝鮮・中国(主として南部)の全土に分布。地下に、直径1-2cmの球形の塊茎を持つ。
 塊茎を薬用にし、漢方薬として有名な半夏(はんげ)がこれである。嘔吐を鎮め、咳・痰を鎮める。『中薬志Ⅰ』pp.118-121。日本薬局方。
 中国では、地方によりショウヨウハンゲ P. pedatisecta(掌葉半夏)の塊茎を、半夏として用いる。
 『礼記』「月令」五月に、「半夏 生じ、木菫(ぼくきん。ムクゲ)(はなさ)く」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index