いけま

学名  Cynanchum caudatum
日本名  イケマ
科名(日本名)  ガガイモ科
  日本語別名  ヤマコガメ、コガネモチ、コサ、ブスモチ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/07/24 長野県蓼科山
2012/08/03 長野県 茅野市北山

 イケマ属(カモメヅル属)Cynanchum(鵞絨藤屬・牛皮消屬)には、世界の亜熱帯・温帯に約200種がある。
   C. alatum(翅果杯冠藤)
   アオカモメヅル C. ambiguum
   ロクオンソウ
(ヒゴビャクゼン) C. amplexicaule (合掌消・土膽草・合掌草・硬皮草)
        
 『中国本草図録』Ⅱ/0773
     クロバナロクオンソウ var. castaneum(紫花合掌消)
 『中国本草図録』Ⅴ/2264
   C. anthonyanum(小葉鵞絨藤)
   クサタチバナ C. ascyrifolium (潮風草)
   フナバラソウ
(ロクオンソウ) C. atratum (白薇・白前・老君鬚・百蕩草)
   C. auriculatum(牛皮消・耳葉牛皮消・飛來鶴・白首烏・隔山消・和平參)
        
 『中国本草図録』Ⅱ/0775・『中国雑草原色図鑑』165
   ナンゴクカモメヅル C. austrokiusianum
   C. balfourianum(橢圓葉白前)
   C. biondioides(秦嶺藤白前)
   C. bungei (白首烏・泰山何首烏・柏氏白前・戟葉牛皮消・地葫蘆)
         『中国本草図録』Ⅶ/3308
   C. callialatum(美翼杯冠藤)
   C. cathayense (羊角子草)
   イケマ C. caudatum
   C. chekiangense (蔓剪草・四葉對剪草・蔓白薇)
   シナイケマ C. chinense(鵞絨藤・祖子花・老牛腫)
         
『中国本草図録』Ⅴ/2265・『中国雑草原色図鑑』162
   C. corymbosum(刺瓜・小刺瓜・野苦瓜・乳蠶)
 『雲南の植物Ⅲ』233
   C. decipiens(豹藥藤・西川鵝絨藤・西川白前)
   サツマビャクゼン C. doianum
   C. fordii(山白前)
   C. forrestii (群虎草・大理白前) 
『雲南の植物Ⅰ』206・『中国本草図録』Ⅷ/3762
   C. giraldii(蛾眉牛皮消・蛾眉白前)
   C. glaucescens (白前・水竹消・芫花葉白前)
        
『中薬志Ⅰ』pp.155-160・『中国本草図録』Ⅲ/1338。『倭名類聚抄』に能加々美と。
   C. gracilipes(細梗白前)
   ツクシガシワ C. grandifolium
   C. hancockianum(華北白前・對葉草)
 『中国本草図録』Ⅱ/0776
   C. hydrophyllum(水白前)
   エゾノクサタチバナ C. inamoenum (竹靈消・大羊角瓢・老君鬚・婆婆針綫包)
        『中国本草図録』Ⅵ/2790
   C. insulanum(海南杯冠藤)
   イヨカズラ
(スズメノオゴケ) C. japonicum
   C. kamarovii(老爪頭・牛心朴子)
 『中国本草図録』Ⅲ/1339・『中国雑草原色図鑑』163
   クサナギオゴケ C. katoi
   マルバノフナバラソウ C. krameri
   C. kwangsiensis(廣西杯冠藤)
   C. likiangense(漓江牛皮消)
   C. limprichtii(康定白前)
   リュウキュウガシワ C. liukiuense
   タチガシワ C. magnificum
   C. mooreanum (毛白前・龍膽白前・老君鬚)
   C. muliense(木里白前) 
『雲南の植物Ⅰ』206
   ホソバノロクオンソウ C. multinerve
   タチカモメヅル
(クロバナカモメヅル) C. nipponicum
   C. officinale (朱砂藤・白斂・赤芍・野紅薯藤・朱砂蓮) 『中国本草図録』Ⅷ/3763
   C. otophyllum (靑洋參・奶漿草・大耳白薇)
        
 『雲南の植物Ⅱ』213・『中国本草図録』Ⅰ/0277
   スズサイコ C. paniculatum(徐長卿・了刁竹・瑶山竹・土細辛)
   ムラサキスズメノオゴケ C.×purpurascens
   C. purpureum(紫花杯冠藤)
 『中国本草図録』Ⅴ/2266
   C. riparium(荷花柳)
   C. saccatum(西藏牛皮消) 『中国本草図録』Ⅷ/3764
   C. sacyrifolium(潮風草)
   C. sibiricum(戟葉鵞絨藤)
   C. stauntonii (柳葉白前・水楊柳・草白前・江楊柳)
        『中薬志Ⅰ』pp.155-160・『中国本草図録』Ⅹ/4799
   C. stenophyllum(陜葉白前)
   C. steppicola(卵葉白前)
   コバノカモメヅル C. sublanceolatum(鎭江白前)
『週刊朝日百科 植物の世界』3-69
   C. szechuanense(四川鵞絨藤)
   C. taihangense(太行白前)
   C. thesioides (地稍瓜・地梢花・女靑)
『中国本草図録』Ⅵ/2791・『中国雑草原色図鑑』163
     var. australe (雀瓢) 
『中国本草図録』Ⅳ/1807
   シロバナオオカモメズル C. versicolor (Vincetoxicum versicolor;
        變色白前・變色白薇・蔓白薇・知微老白花牛皮消)
         『中国本草図録』Ⅹ/4800・『中国雑草原色図鑑』163
   C. verticillatum(輪葉白前・細了草・細葉蓼・細蓼仔)
   C. vincetoxicum (藥用白前)
   C. volubile(蔓白前)
   C. wallichii(昆明杯冠藤・團花奶漿根・假馬兜・斷節參) 『中国本草図録』Ⅷ/3765
   コイケマ C. wilfordii (隔山消・對山飄・無梁藤・隔山橇) 
『中国本草図録』Ⅰ0278
   ヤマワキオゴケ C. yamanakae 
 ガガイモ科 ASCLEPIADACEAE(蘿藦科)には、ガガイモ科を見よ。
 和名は、一説にアイヌ語カムイ・ケマ(神の足)から(『日本の野生植物』)
 日本・千島・朝鮮・中国に分布。
 アルカロイドを含み、有毒。
 若芽を山菜として食い、根は救荒食にした。また、根を乾燥して薬用にする。
 アイヌは、「根を食用にする[多食は中毒を起こす]。根は最も重要な薬用植物として珍重し、頭痛や歯痛、下痢や腹痛、切り傷や化膿防除、眼病など広く利用する。病魔除けや魔除け、天気直しの呪術に用いる」
(北大植物園解説)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index