はえどくそう (蠅毒草) 

学名  Phryma leptostachya ssp. asiatica
日本名  ハエドクソウ
科名(日本名)  ハエドクソウ科
  日本語別名  
漢名  透骨草(トウコツソウ,tougucao)
科名(漢名)  透骨草科
  漢語別名  接生草(jieshengcao)、毒蛆草(ドクショソウ,duqucao)、一馬草、老婆子針綫(ロウバシシンセン,laopozizhenxian)、粘人裙
英名 (English Name)  Lopseed
2007/06/28 神代植物公園

2007/07/26 野川公園自然観察園

 ハエドクソウ科 PHRYMACEAE ハエドクソウ属 Phryma は、1科1属1種の特異な植物。
   P. leptostachya
     アメリカハエドクソウ ssp. leptostachya 
北アメリカ東部に産
     ハエドクソウ ssp. asiatica(透骨草)
 2亜種の隔離分布状況から考え、第三紀周北極植物群の孤立遺存種とみなされている。これらの2亜種は、別種としたり、変種とすることがある。
 和名は、むかし煮出した汁を蝿取紙に用いたことから。
 日本・朝鮮・中国・東シベリア・ベトナム・ヒマラヤに分布。
 植物体
(とくに根)に殺虫成分を含む。
 中国では、全草・葉を毒蛆草と呼び 薬用にし、また殺蛆剤として用いる。
  (なお、中草藥で透骨草と呼ぶものについては、ホウセンカを見よ。)
 日本では、根の絞り汁を滲みさせて蝿取り紙に使う。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index