あさまひごたい (浅間平江帯)

学名  Saussurea nipponica var. savatieri
日本名  アサマヒゴタイ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2008/02/29 長野県軽井沢 (白糸の滝)

 オオダイトウヒレン(大台唐飛廉)の亜種。この種は、産地により次のような変異がある。
   オオダイトウヒレン S. nipponica 
近畿・中国地方
     オオトウヒレン ssp. shikokiana
四国
     トサトウヒレン ssp. yoshinagae
高知県
     ツクシトウヒレン ssp. kiushiana
九州
     アサマヒゴタイ ssp. savatieri
関東・中部地方東北部
     ホクロクトウヒレン ssp. hokurokuensis
北陸
     センダイトウヒレン ssp. sendaica 
本州の関東以北 
 トウヒレン(唐飛廉)属 Saussurea(風毛菊屬)については、ヒメヒゴタイを見よ。
 ヒゴタイは、別属別種。
 キク科の植物については、キク科を見よ。
 和名は、「浅間山に産するヒゴタイ」だが、ヒゴタイの意は不明。
 オオダイトウヒレンは「紀伊の大台ケ原に産するトウヒレン」。トウヒレンは「漢土から来た飛廉」の意で、飛廉はヒレアザミ
 日本の、関東及び中部地方東北部に分布。
 埼玉県では、絶滅危惧ⅠA類(CR)。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index