ひごたい (平江帯)

学名  Echinops setifer
日本名  ヒゴタイ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  Globe thistle
2007/06/19 小石川植物園

2010/08/21 富山県中央植物園

 ヒゴタイ属 Echinops(藍刺頭屬)には、次のようなものがある。
   E. cornigerus
ヒマラヤに分布 『週刊朝日百科 植物の世界』1-20
   E. gmelinii (砂藍刺頭) 中国(東北)・モンゴル・シベリアに分布。
       
『中国本草図録』Ⅲ/1394・『中国雑草原色図鑑』248・『週刊朝日百科 植物の世界』1-20
   タカサゴヒゴタイ E. grijisii (華東藍刺頭・東南藍刺頭)
   オクルリヒゴタイ E. latifolius(E.chinensis,E.dahuricus;
        藍刺頭・禹州漏蘆・華州漏蘆・珠花漏蘆)
       
『中薬志Ⅰ』pp.498-503、『中国本草図録』Ⅲ/1395・『中国雑草原色図鑑』247
   ルリタマアザミ E. ritro(新疆藍刺頭・新疆漏蘆) 『中国本草図録』Ⅶ/3377
   ヒゴタイ E. setifer 
日本(本州・四国・九州)・朝鮮・中国(山東・河南)に分布。
   セイタカヒゴタイ E. sphaerocephalus 
 ヒメヒゴタイは、別属別種。
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 和名ヒゴタイの語源は不明。一説に、平江帯・平行帯(ひんごうたい)の転訛という(貝原益軒『大和本草』)が、このような漢語はない。また花屋で肥後台と呼んだことがある(小野蘭山)
 ヒゴタイは、日本(九州・広島・岐阜・愛知などに稀に)・朝鮮(南部にやや普通に)に、隔離的に分布。
 絶滅危惧ⅠB類(EN)
 中国では、オクルリヒゴタイ E.latifolius(藍刺頭)及び タイリンアザミ Rhaponticum uniflorum(Centaurea monanthos;祁州漏蘆ヤグルマギク属を見よ)の根を漏蘆(ロウロ,loulu)と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.498-503
 
李時珍『本草綱目』(ca.1596)に、「屋の西北の黑處を漏と謂い、凡そ物の黑色は盧と謂う。此の草、秋の後即ち黑く、衆草と異なる。故に漏盧の称有り」と。 
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)漏蘆に「和名久呂久佐、一名阿利久佐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)漏蘆に「和名久魯久佐、一云安里久佐」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11(1806)に「クログサ アリグサ
古名」と。
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index