うど  

学名  Aralia cordata
日本名  ウド 
科名(日本名)  ウコギ科
  日本語別名  
漢名  土當歸(ドトウキ,tudanggui)
科名(漢名)  五加(ゴカ,wujia)科
  漢語別名  獨活(ドクカツ,duhuo)、九眼獨活、食用楤木
英名  Udo
2011/08/15 長野県霧ヶ峰 (八島が原)


2006/04/06 小石川植物園 2007/04/19 薬用植物園

2005/07/11  三芳町竹間沢

2007/08/13 薬用植物園

2006/08/28 明治薬科大学薬草園

 タラノキ属 Aralia(楤木屬)の植物については、タラノキを見よ。
 漢名を獨活(独活)という植物については、ハナウド属を見よ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)独活に、「和名宇止、一名都知多良」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)独活に、「和名宇止、一云豆知多良」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』9
(1806)土當歸に、「ウド シカ筑前 ドゼン薩州」と。
 アイヌ名はチマキナ。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(中部以南)・樺太・千島に分布。
 漢方では、タラノキ属 Aralia(楤木屬)の植物のうちウドなどのいくつかを、獨活(独活,ドクカツ,duhuo,どっかつ)として薬用にする。
 獨活という生薬については、ハナウドの誌を見よ。
 嫩葉を食用にし、根茎を乾燥させて薬用にする。
 日本の 数少ない伝統野菜の一。
 「三四月芽立を生ず。貴賎あまねく賞味する物なり。里遠き山野に生ず。冬より土中なる芽を取りて食品とす。されと時ならざるを食ふは、よからぬ事にや。・・・貴賎皆このみ用ゆるものなれば、都近き所、又諸国の国都など、大邑ある近方にて、山野の余地あらば、多く作り立てゝ市中に出すべし」(宮崎安貞『農業全書』1697)。
 既にこのころには、ウドは換金作物となり、若い芽の軟化栽培が始まっていた。

   雪間より薄紫の芽独活
(めうど)かな (芭蕉,1644-1694)
   いとゆふに貌引のはせ作り独活
 (配力,『猿蓑』,1961)

   独活もはや喰ハれぬ迄の若葉哉 
(蕪村,1716-1783)
 
 俚諺に「うどの大木」とは、役立たずのものの譬え。ウドは長ずると食用にならぬことから。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index