めきゃべつ (芽キャベツ)

学名  Brassica oleracea var. gemmifera
日本名  メキャベツ
科名(日本名)  アブラナ科
  日本語別名  コモチカンラン(子持甘藍)、コモチタマナ(子持玉菜)、ヒメカンラン(姫甘藍)、コモチハボタン(子持葉牡丹)
漢名  抱子甘藍(ホウシカンラン,baoziganlan)
科名(漢名)  十字花(ジュウジカ,shizihua)科
  漢語別名  湯菜(トウサイ,tangcai)、小卷心菜(ショウケンシンサイ,xiaojuanxincai)
英名  Bressels sprout
2007/12/26 所沢市本郷
2007/03/21 所沢市本郷
 キャベツ var. capitata・観葉植物のハボタン var. acephala などと同種。
 アブラナ属 Brassica(壼V屬)の植物については、アブラナ属を見よ。 
 
 キャベツから分れた変種。古くからベルギーのブリュッセル地方で栽培されており、19世紀に西欧に広まった。
 日本には明治初に渡来、今日の主産地は、冬野菜としては静岡県、夏秋野菜としては長野県茅野地方。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index