めろん (メロン)

学名  Cucumis melo
日本名  メロン
科名(日本名)  ウリ科
  日本語別名  マスクメロン
漢名  甜瓜(テンカ,tiangua)
科名(漢名)  葫蘆(コロ,hulu)科
  漢語別名  香瓜(コウカ,xianggua)、果瓜(カカ,guogua)、白蘭果、網紋瓜
英名  Melon, Muskmelon, Cantaloupe, Honeydew

 メロンは、果実を食用にするウリ科 Cucurbitaceae(葫蘆科) キュウリ属 Cucumis(香瓜屬)の栽培植物の一。
 第1次起源センターは熱帯・亜熱帯の西アフリカ、第2次センターは西アジア。そこからヨーロッパに入った西洋系メロンと、中国に入った東洋系メロンに分れた。
 世界に40以上の変種があり、きわめて変化に富む。その代表的なものは、
 (東洋系)
   ツケウリ var. utilissimus
     シロウリ
(ツケウリ) 'Albus'(C.melo var.conomon; 菜瓜・越瓜;
         E.Oriental pickling melon)
   マクワ var. makuwa(甜瓜)
 (西洋系)
   ザッソウメロン(オノラバエ・ヒトラバエ・ノバエ・クソウリ・ニガウリ)
         var. agrestis(ssp.agrestis) 
        
果実はウズラ乃至アヒルの卵大、世界各地に分布
   イボメロン var. cantalupensis(E.Cantaloupe) 
ヨーロッパ産
   マンゴーメロン var. chito(E.Mango melon, Garden melon)
   ザクロメロン var. dudain(E.Pomegranate melon, Queen Anne's pocket melon)
   ヘビメロン var. flexuosus(菜瓜;E.Snake melon, Serpent melon)
   フユメロン var. inodorus(E.Winter melon, Casaba melon)
   モモルディカメロン
(ババゴロシ・バアウリ) var. momordica(老太婆瓜)
         
果肉は粉質。日本では八丈島・福江島で栽培
   アミメロン
(マスクメロン・ネットメロン・ジャコウウリ) var. reticulatus(網紋甜瓜;
        E.Netted muskmelon, Nutmeg muskmelon, Cantaloupe(USA),
         Persian melon)
   var. saccharinus(哈密瓜) 
哈密瓜とは、品種名ではなく、アミメロンやフユメロンの変種と
        それらの雑種からなる品種群の総称、ともいう(『週刊朝日百科 植物の世界』7-6)。 
 英名 Muskmelon は、果肉に麝香 musk 性の芳香を持つことから。
 日本・中国における古い時代の瓜については、マクワシロウリを見よ。
 日本に西洋系のメロンが入ったのは、19世紀後半以降。
 高級メロンのアミメロンは、1925年にイギリスから入り、今日も改良品が好まれている。
 比較的安価のプリンスメロンは、マクワとヘビメロンの雑種、1962年の作出。
 日本・中国における古い時代の瓜については、マクワを見よ。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index