かしゅういも (何首烏芋)

学名  Dioscorea bulbifera f. domestica(cv. Domestica)
日本名  カシュウイモ
科名(日本名)  ヤマノイモ科
  日本語別名  ケイモ
漢名  黄獨(コウドク,huangdu)
科名(漢名)  薯蕷(ショヨ,shuyu)科
  漢語別名  黄藥子(コウヤクシ,huangyaozi)、零餘子(レイヨシ,lingyuzi)薯蕷・零餘薯、黄狗頭、雷公薯、土芋、綿萆薢、萆薢
英名  Air potato, Aerial yam, Potato yam
2007/08/13 薬用植物園
2007/10/08 同上

 野生のニガカシュウ(苦何首烏) D. bulbifera f. spontanea の栽培品。
 ヤマノイモ属 Dioscorea(薯蕷屬)については、ヤマノイモ属を見よ。
 和名は、根茎がカシュウに似ていることから。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』23(1806)土芋に、「ケイモ カシユウイモ カシユウ東国 ゼツプ遠州 ゼンブ相州常州 ベンケイイモ仙台 ナリイモ」と。
 ニガカシュウは、日本・朝鮮・中国(長江流域以南)・臺灣・マレーシア・インドに分布。
   
(西アフリカにも、別に栽培化された同品があるといい、或は自生品があるという)。
 栽培品カシュウイモは、中国原産。ニガカシュウに比べて珠芽
(零餘子、むかご)が大きく、大きいものは1つ2kgにもなるという。野生品と異なり、イモとムカゴに苦味がない。
 なお、日本には 雄株はない、という。
 カシュウイモは、扁球形の根茎と 葉腋につく大きなむかごを、食用にする。ただし牧野は「煮て食用とするがうまくない」と。
 中国では、本種の地下の塊茎を黄藥子と呼び、薬用にする。
『中薬志Ⅰ』pp.475-477。また、綿萆薢として薬用にする。『新注校定国訳本草綱目』6/p.295。 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index