こえんどろ  

学名  Coriandrum sativum
日本名  コエンドロ
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  シャンツァイ、コリアンダー
漢名  芫荽(ゲンスイ,yansui)
科名(漢名)  繖形(傘形,サンケイ,sanxing)科
  漢語別名  香菜(コウサイ,xiangcai)、胡荽(コスイ,husui)、香荽(コウスイ,xiangsui)
英名  Coriander
2006/04/16 薬用植物園

2006/05/06 同上
2007/05/26 同上
2006/06/22 同上

 コエンドロ属 Coriandrum(芫荽屬)には、次のようなものがある。
   コエンドロ C. sativum(芫荽) 
 セリ科 Umbelliferae(Apiaceae;繖形科・傘形科)については、セリ科を見よ。
 和名コエンドロは、ポルトガル語の coentro から。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)に、「温菘・黄菜、又有荢菜・燕白菘・葫●{艸冠に綏}、一名香綏、和名古之」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)胡荽に「和名古仁之」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』22(1806)胡荽に、「コニシ コエンドロ
蛮語コリアンデルノ転ナリ」と。
 漢名は、後趙の石勒(274-333)の諱を避けて、胡荽を香荽と改む。 
 コエンドロのほか、バジルナギナタコウジュにも 香菜(コウサイ,xiangcai)の別名がある。
 地中海地方(東部)原産。
 日本には、江戸時代に渡来。
 茎葉・種子を、蔬菜とし、香味料とし、また薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.188-191
 よく中国料理に用いられるシャンツァイ(香菜)。
 中国では、賈思勰『斉民要術』(530-550)に「種胡荽」が載る。
 「胡荽(こずい)  南蛮の語にこゑんとろと云ふ。食物等の悪臭をよく去るものなり。猪肉、鶏肉などの料理に加ゆれで、あしきかを消し、甚だ宜し」(宮崎安貞『農業全書』1697)。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index