ふじもどき (藤擬) 

学名  Daphne genkwa
日本名  フジモドキ
科名(日本名)  ジンチョウゲ科
  日本語別名  サツマフジ、チョウジザクラ
漢名  芫花(ゲンカ,yuanhua)
科名(漢名)  瑞香(ズイコウ,ruixiang)科
  漢語別名  藥魚草(ヤクギョソウ,yaoyucao)・鬧魚草(ドウギョソウ,naoyucao)・毒魚、悶頭花(モントウカ,memtouhua)・黄悶頭花・頭痛花、泡米花(ホウベイカ,paomihua)、老鼠花、黄陽花、芫條花
英名  Lilac daphne
2007/04/12 明治薬科大学薬草園
 『中国本草図録』Ⅲ/1289参照

 ジンチョウゲ属 Daphne(瑞香屬)については、ジンチョウゲを見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)芫花に、「フヂモドキ 丁子ザクラ河州 サツマフヂ江戸及仙台 ゲンジサウ丹州」と。
 漢名芫花の義は未詳(本草綱目)
 種小名は、漢名の日本音。
 朝鮮(南部)・中国(河北・山東・河南・陝西・江蘇・安徽・浙江・福建・江西・兩湖・四川)・臺灣に分布。
 日本には江戸時代初期に入る。
 観賞用に栽培。
 花・蕾(芫花)及び根(芫花根)を薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.338-341 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index