はなかいどう (花海棠) 

学名  Malus halliana
日本名  ハナカイドウ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  カイドウ
漢名  垂絲海棠(スイシカイトウ,chuisihaitang)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  
英名  Hall's crabapple, Flowering crabapple
2006/03/27 三芳町竹間沢
2007/03/26 三芳町竹間沢
2008/07/18 北大植物園
2005/08/23  三芳町竹間沢同上 2005/12/10 同左
 花は淡紅色、瓣は5-15枚。花柄は3-6cmで細く、下垂する。
 果実は球形、径0.3-1cm、10月 紫褐色-暗褐色に熟す。
 品種に次のようなものがある。
   ヤエカイドウ f. parkmanii 花が重瓣 
   スイシカイドウ f. pendula
枝が枝垂れるもの 
 リンゴ属 Malus(蘋果屬)の植物については、リンゴ属を見よ。
 和名のカイドウは漢語海棠の音、ハナカイドウとは花の美しいカイドウ。たんに海棠といえば、江戸時代にはミカイドウを指したが、今日ではハナカイドウを言う。
 漢名の海棠については、リンゴ属を見よ。本種は、花の柄が長く 花が垂れ下がってさくので、垂絲という。
 中国(中西部)原産。おそらく雑種起源の観賞用栽培品であり、あまり実をつけず、野生品も知られていない。
 中唐ころから観賞されだし、宋代には一般に愛好された。今日では華中一帯で栽培されている。
 日本に渡来した時期は明らかではない。一説に元禄(1688-1704)年間までには入ったという。
 中国文化における海棠については、ホンカイドウを見よ。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index