はまおもと (浜おもと)

学名  Crinum asiaticum var. japonicum
日本名  ハマオモト
科名(日本名)  ヒガンバナ科
  日本語別名  ハマユウ(浜木綿)
漢名  文殊蘭(ブンシュラン,wenzhulan,もんじゅらん)
科名(漢名)  石蒜(セキサン,shisuan)科
  漢語別名  十八學士(ジウハチガクシ,shibaxueshi)
英名  
2004/07/06   所沢市城
2008/08/22 神奈川県立城ヶ島公園
 ハマオモト属 Crinum(文殊蘭屬)には、世界の熱帯・亜熱帯に約110-130種がある。
   エンレイハマオモト C.×amabile (紅花文殊蘭)
   C. americanum (北美文殊蘭)
   ハマオモト
(広義) C. asiaticum
     オオハマオモト var. asiaticum
東南アジア・太平洋諸島に分布
     ハマオモト var. japonicum(C.maritimum)
     タイワンハマオモト var. sinicum(文殊蘭・羅裙帶)
        
 小笠原・琉球・臺灣・中国(南部)に分布。『中国本草図録』Y/2945
   C. bulbispermum
   オガサワラハマユウ C. gigas
   インドハマユウ C. latifolium (西南文殊蘭)
   ナガバハマオモト C. longifolium (長葉文殊蘭)
   モモイロハマオモト C. moorei (寛葉文殊蘭)
   C. natans
アフリカ西部産、水生植物
   C. pedunculatum
オーストラリア産
   クリナム・パウエリー C.×powelii
   C, purpurascens
   インドハマユウ C. zeylanicum 
 ヒガンバナ科 Amaryllidaceae(石蒜科)については、ヒガンバナ科を見よ。
 和名ハマオモトは、海岸の砂地に生え、かつ葉がオモトに似ていることから。ハマユウのユウは、コウゾ(楮)の繊維から作る木綿(ゆう)を意味するが、「まきかさなった偽茎をした白色の葉柄による名で、花にあたかも白い幣(ぬさ)をかけたようなので名づけたと考えるのはまちがいである」(牧野)とする説がある。
 漢名文殊蘭は、Crinum 属の通称としても用いる。
 種は、西南日本から東南アジア・インドにかけて分布。
 var. japonicum は、日本特産。暖地の海岸砂地に分布し、北限は三浦半島天神島。
 『万葉集』に、

   み熊野の 浦の浜木綿 百重
なす 心は念(も)へど 直(ただ)にあはぬかも
      
(4/796,柿本人麻呂。葉が幾重にも重なることから、百重(ももへ)を導く。
          今日では、み熊野のハマユウは天然記念物。)


 西行
(1118-1190)『山家集』に、

   みくまのの はまゆふおふる うらさびて 人なみなみに とし
(年)ぞかさなる
 
 三重県・宮崎県の花。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index