ゆず (柚子)

学名  Citrus junos
日本名  ユズ
科名(日本名)  ミカン科
  日本語別名  オニタチバナ(鬼橘)、ユノス(四国・九州地方)
漢名  蟹橙(カイトウ,xiecheng)
科名(漢名)  芸香(ウンコウ,yunxiang)科
  漢語別名  香橙(コウトウ,xiangcheng)
英名  
2007/05/18 跡見学園女子大学新座キャンパス   2008/11/19 同左

 いわゆる柑橘類の果樹、及びミカン属(カンキツ属) Citrus(柑橘屬)については、かんきつ類を見よ。
 和名は、柚酸の意という。
 漢名の柚(ユウ,you)は、古くはユズ、今日ではブンタン(ザボン)を指す。
 日本では、源順『倭名類聚抄』
(ca.934)柚に、「和名由」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)26柚に、「ユ和名鈔 ユズ筑前雲州 イズ雲州 ホンユ阿州 モチユ同上 カウトウ中国」と。
 種小名は、和名別名ユノスから。
 中国(長江上流域)原産、今日では 長江流域以南に分布。
 中国では、果皮を薬用にし、種子から油を採り、また 柑橘類の樹木の台木にする。
 日本には平安時代初期までに入り、今日では広く東北地方まで栽培、酸味と香気を調味料とする。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「柑(かう)るひ」に、「柚子(ゆづ) つねのゆなり。是ニ石柚といふあり、わろし。又とこゆハちいさく、すし。花ゆ共云」「橘柚(きんゆ) ゆづのごとくニて又くねんぼの味あり。あるいハ山椒の香(か)もあり。さつまくねんぼ共云」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index