うおとりぎ (魚捕木)

学名  Grewia biloba var. parviflora
日本名  ウオトリギ
科名(日本名)  シナノキ科
  日本語別名  
漢名  扁擔木(ヘンタンボク,biandanmu)
科名(漢名)  椴樹(ダンジュ,duanshu)科
  漢語別名  小葉扁擔木、孩兒拳頭、葛妃麻、棉筋條
英名  
2007/05/03 薬用植物園
2006/06/22 同上
2007/07/21 同上
2004/08/24 同上
2007/10/08 同上
2006/10/28 同上
2006/01/15 同上 2006/02/19 同上
  ウオトリギ属 Grewia(扁擔杆屬)には、旧世界の熱帯とオーストラリアに約150種がある。
   G. abutilifolia({草冠に[同の横一文字を除いた字]}葉扁擔杆・膠木・散麻樹)
 ■麻はイチビ
   アツバウオトリギ G. biloba(扁擔杆・娃娃拳・麻糖果・月亮皮・葛荊麻)
     ウオトリギ var. parviflora(扁擔木)
   G. eriocarpa(毛果扁擔杆・杠木・山麻樹) 『雲南の植物V』94
   G. oligandra(少蕊扁擔杆・狗核樹)
 『中国本草図録』]/4736
   ヒシバウオトリギ G. rhombifolia
   G. sessilifolia(無柄扁擔杆) 
 シナノキ科 Tiaceae(椴樹科)については、シナノキ科を見よ。
 和名にかかわらず、魚を捕えるのに使うということは、知られていない。
 朝鮮(北部)・中国(遼寧・陝西・華北・華東・中南・西南)に分布。
 基本種アツバウオトリギは、中国
(陝西・山東・江蘇・浙江・安徽・福建・江西・河南・湖南・兩廣・四川)・臺灣に分布。
 樹皮から繊維を採り、また観賞用に植栽する。
 根・全株を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index