たらよう (多羅葉) 

学名  Ilex latifolia
日本名  タラヨウ
科名(日本名)  モチノキ科
  日本語別名  モンツキシバ、エカキシバ、ハガキノキ
漢名  大葉冬靑(タイヨウトウセイ,dayedongqing)
科名(漢名)  冬靑科
  漢語別名  波羅樹(ハラジュ,boluoshu)
英名  
2004/09/07 学内
雌花  2006/05/01 学内
雄花  2006/05/05 神代植物公園
 雄花と両性花がある。雄花には4本の雄蕊があり、両性花には4本の雄蕊と卵状の子房がある。
2005/05/26 学内
2005/12/05 学内
2006/02/19 薬用植物園
 モチノキ属 Ilex(冬靑屬, 英名 holly)の植物については、モチノキを見よ。
 和名は、この葉の裏に釘などで傷をつけるとその部分が黒くなって残るので、インドで葉を書写の素材として用いた多羅葉(ウチワヤシ・パルミラヤシ) Borassus flabellifer に擬えて。モンツキシバ・エカキシバ・ハガキノキの名も同じ理由から。
 日本(東海以西)・中国(華東)に分布。
 モチノキ属のほとんどの種から黐(もち)が採れるが、モチノキから採るものを本黐、タラヨウ・イヌツゲから採るものを青黐と呼んで区別する。
 葉を取って、その裏に釘などの硬いもので傷をつけると、その部分がすぐに黒変し、永く痕が残るので、子供たちが絵を書いたり字を書いたりして遊んだという。
 平成16年(2004)9月13日、学内のタラヨウの葉を取り、試してみた。
 に釘で「アトミの花便り」と書いたところ、のようになった。
 以下は、その後の様子である。

同年9月17日 すなわち4日後

同年12月27日 すなわち3ヶ月後

平成18年(2006)5月15日
     すなわち1年8ヶ月後

平成19年(2007)12月25日
     すなわち3年3ヶ月後
 以上のように、
1.  タラヨウの葉は、木から取り外しても萎れたり腐ったりしない。かつ、乾燥しても形が崩れない。
2.  つけられた紋様は、永らく消えない。
ので、ちょっとした情報の保存には、確かに有効。
 
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「冬木之分」に、「たらやう 葉、ゆつりはの様にて、各別あつし」と。
 ハガキノキの名は、それほど古くからあるものではないという。また、これを本当に葉書の用に充てたものかどうかは、筆者は未確認。
 タラヨウは、ハガキノキという呼び名にちなんで、平成9年(1997)「郵便局の木」に指定された。
中央郵便局(東京駅丸の内南口前)
玄関脇に植えられたタラヨウ。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index