なりひらだけ (業平竹) 

学名  Semiarundinaria fastuosa
日本名  ナリヒラダケ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  ダイミョウチク(大名竹)
漢名  業平竹(ギョウヘイチク,yepingzhu)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  
英名  
2006/02/11 神代植物公園
 ナリヒラダケ属 Semiarundinaria(業平竹屬)は、マダケ属とメダケ属の雑種、東アジアに十数種がある。
    S. chungii(大箭竹・墨竹) 
四川西部に産
    ナリヒラダケ S. fastuosa
      アオナリヒラ f. viridis 
    リクチュウダケ S. kagamiana
    S. nitida(箭竹) 
甘肅南部・陝西・四川・雲南・湖北・江西に産
    ヒゼンナリヒラ
(ビロードナリヒラ) S. okuboi
    ヤシャダケ S. yashadake 
 タケ一般については、たけを見よ。
 和名は、在原業平に擬え、一説には竹(男竹)であるが笹(女竹)のように節から多くの枝を出すことからといい、一説には容姿端麗なことからという。
 
『花壇地錦抄』(1695)巻三「竹のるひ」に、「なりひら を竹のごとくニて、節(ふし)ハめ竹のごとし。め竹お竹の見分なきゆへ、なり平といふよし」と。 
 日本固有種だが、原産地は不明。日本(関東以南)・中国・臺灣で栽培される。
 稈は冬に紅紫色になる。ただしアオナリヒラは緑色を保つ。
  

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index