もくげんじ

学名  Koelreuteria paniculata
日本名  モクゲンジ
科名(日本名)  ムクロジ科
  日本語別名  センダンバノボダイジュ(栴檀葉菩提樹)
漢名  欒樹(ランジュ,luanshu)
科名(漢名)  無患子(ブカンシ,wuhuanzi)科
  漢語別名  木欒、石欒樹、黑色葉樹・黑葉樹、木欄牙、山茶葉
英名  

2010/08/21 富山県中央植物園


 モクゲンジ属 Koelreuteria(欒樹屬)には、次のようなものがある。
  フクロミモクゲンジ K. bipinnata (複羽葉欒樹)
    オオモクゲンジ var. integrifoliola (K.integrifolia;全緣欒樹・黄山欒樹)
    var. puberula(毛葉欒樹)
 『雲南の植物Ⅲ』199
  K. elegans
    ssp. elegans
南太平洋フィジー諸島に分布
    タイワンモクゲンジ ssp. formosana(K. henryi)
  K. minor (小葉欒樹)
  モクゲンジ
(センダンバノボダイジュ) K. paniculata (欒樹・木欒・黑色葉樹)
『中国本草図録』Ⅱ/0687
 ムクロジ科 SAPINDACEAE(無患子科)については、ムクロジ科を見よ。
 モクゲンジとムクロジの和名・漢名については、ムクロジを見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)31に、欒華は「センタセン葉ノボダイジユノハナ 木名ムクレニシノキ和名鈔 センダン葉ノボダイジユ ドジヤウノキ丹波」と。
 日本(本州日本海側)・朝鮮・中国(東北・華北・陝西・甘肅・華東・西南)に分布。ただし、日本のものは真の自生かどうか不明、という。
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index