めぐすりのき (目薬の木) 

学名  Acer nikoense (=A. maximowiczianum)
日本名  メグスリノキ
科名(日本名)  カエデ科
  日本語別名  ミツバハナ(三葉花)、チョウチョウノキ・チョウジャノキ(チョウチョウノキの転訛)
漢名  三出毛柄槭樹(サンシュツモウヘイシュクジュ,sanchumaobingqishu)
科名(漢名)  槭樹(シュクジュ,qishu)科
  漢語別名  
英名)  
2007/04/06 薬用植物園 2007/04/12 明治薬科大学薬草園
2007/04/19 薬用植物園 2008/04/17 薬用植物園
2006/05/06 薬用植物園

2006/12/14 同上

 日本・中国で見られるおもなカエデ(モミジ)類については、もみじを見よ。
 和名は、民間で樹皮を煎じて洗眼に用いるとされることから。
 ハナノキにも メグスリノキの別名がある。
 日本の、本州(宮城・山形以南)・四国・九州に分布(ただし、北陸及び近畿以西には少ない)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index