まめがき (豆柿) 

学名  Diospyros lotus
日本名  マメガキ
科名(日本名)  カキノキ科
  日本語別名  シナノガキ、ブドウガキ、コガキ、センナリガキ
漢名  黑棗(コクソウ,heizao)
科名(漢名)  柿樹(シジュ.shishu)科
  漢語別名  軟棗(ナンソウ,ruanzao)・柔棗・紅藍棗、君遷子(クンセンシ,junqianzi)、丁香柿
英名  Date plum
2008/10/25 須坂市

実の直径は、人差し指の頭くらい。
2007/05/03 薬用植物園
雄株  2007/05/26 薬用植物園
2007/06/07 同上
雌株   2006/06/22 薬用植物園
2007/10/08 同上
2009/10/29 神代植物公園

 よく似たものに、リュウキュウマメガキがある。
 カキノキ属 Diospyros(柿樹屬)については、カキノキを見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)26君遷子に、「シナノガキ サルガキ同名アリ スゞガキ ヒイナガキ若州 ビンボガキ筑前 シンナラガキ越中 シイナラガキ讃州」、また条中別の一種に「マメガキ仙台ト云、一名ブドウガキ アマガキ東国 メゝガキ佐州 ヤマガキ大和本草 ヤマシブ同上」と。
 西アジア原産、ヨーロッパ南部乃至中国に分布。
 中国では、遼寧・河北・山東・陝西・中南・西南に分布。
 日本には 古く中国から入り、信越・東北で栽培される。
 雌雄異株。
 未熟の果実から柿渋(かきしぶ。C.柿漆,シシツ,shiqi)をとり、傘・渋紙などの防水・防腐に用いた。
 実は、霜にあたって黒紫色に熟せば甘くなり、食える
(これをブドウガキという)
 中国では、果を薬用にする。
 アフガニスタンでは、干し柿にして食用にすると云々。
 若木は甘柿の台木にする。
 日本では、

   秋はきぬ 今やまがきの きりぎりす よなよななかむ 風のさむさに
     
(よみ人しらず、『古今和歌集』物名「やまがきの木」)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index