かき (柿) 

学名  Diospyros kaki
日本名  カキ
科名(日本名)  カキノキ科
  日本語別名  
漢名  柿・柹(シ,shi)
科名(漢名)  柿樹(シジュ,shishu)科
  漢語別名  柿子、朱果
英名  Kaki, Oriental persimmon
2007/04/19 薬用植物園 2006/04/24 三芳町竹間沢
2006/05/06 薬用植物園 2005/05/22 野川公園

2006/06/22 薬用植物園 2007/10/08 同左

2005/10/31  東村山市野火止

2004/12/10 三芳町竹間沢
2006/11/04 薬用植物園
2008/11/13 神代植物公園
 果実の甘さ渋さにより、次のような品種がある。
   甘柿(完全) :富有・御所・次郎柿
   〃 (不完全):禅寺丸・甘百目・久保・水島
   渋柿(不完全):会津不知・平核無・甲州百目
   〃 (完全) :西条・堂上蜂谷・横野・愛宕・四ツ溝
 カキノキ科 Ebenaceae(柿樹科)には、2属約500種がある。
   カキノキ属 Diospyros(柿樹屬)
   Euclea
熱帯アフリカ乃至アラビア半島に12種 
 カキノキ属 Diospyros(柿樹屬)には、次のようなものがある。
   ケガキ D. blancoi
果実を食用。フィリピン原産、台湾でも栽培
   D. cathayensis (烏柿・丁香柿子・山柿子・黑塔子・金彈子・野油柿子) 『中国本草図録』Ⅹ/4787
   D. corallina (五蔕柿)
   D. discolor (臺灣柿)
   D. diversilimba (光葉柿)
   ブラックサポテ D. ebenaster
メキシコ・西インド産
   コクタン
(インドコクタン・セイロンコクタン) D. ebenum(E.Ebony)
   ヤワラケガキ D. eriantha (烏材)
   ヤエヤマコクタン
(リュウキュウコクタン) D. ferrea var. buxifolia
   D. glaucifolia (浙江柿)
   D. howii (鏡面柿)
   D. japonica → D. lotus var. japonica
   カキノキ D. kaki ()
 『雲南の植物Ⅱ』201
      ヤマガキ var. sylverstris (油柿・野柿)
 『中国本草図録』Ⅴ/2244
   マメガキ
(シナノガキ・ブドウガキ) D. lotus (黑棗・柔棗・君遷子・紅藍棗)
     リュウキュウマメガキ var. japonica(var.glabra, D.japonica)
   リュウキュウガキ
(クサノガキ) D. maritima(D.liukiuensis) 琉球・臺灣・東南アジア・オーストラリア・ポリネシアに分布。果実に毒があり、魚毒・矢毒に用いる。
   D. metcalfii (南海柿)
   D. mollifolia (小葉柿・紫藿香・澀藿香)
   トキワガキ
(トキワマメガキ) D. morrisiana (D.nipponica;羅浮柿・山柿・山埤柿・野柿花) 『中国本草図録』Ⅹ/4788
   D. nigrocortex(黑皮柿)
 『雲南の植物Ⅲ』214
   オルドガキ D. oldhami(D.sasakii;D.hayatai;D.odashimai)
 琉球(八重山列島)・臺灣に分布
   ロウヤガキ D. rhombifolia (老鴉柿・山柿子・野山柿・野柿子)

   アメリカガキ D. virginiana 
米国東部産

 なお、南アジア原産のコクタン(黒檀)は、D. ebenum。
 「杮(こけら)落とし」と使うときの杮(ハイ,fei,こけら。「木の削り屑」の意)は、柿(シ,shi,かき)とはまったくの別字。(コンピュータ文字は混同しているが。)
 「こけら」と「かき」は、旁が違う。「こけら」の旁は、帀の縦棒が上に突き抜けたもの、「かき」の旁は帀の上に点
 日本では、深江輔仁『本草和名』(ca.918)柿に、「和名加岐」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に、柹は「和名賀岐」、黒柹は「久呂加木」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)26柹に、「カキ和名鈔」と。
 学名の種小名は和名から。
 東アジア温帯の固有種。中国ではB.C.2c.に植栽の記録がある。
 日本には奈良時代に中国から渡来したとする説が有力。
 渋柿は柿渋を採るほか、渋抜きをし或は干柿にして食う。
 葉を乾燥させ、柿の葉茶にして飲む。
 中国では、葉・柿蔕(果実に残存する萼)・柿霜(干柿(柿餅,シヘイ,shibing)の表面の白い粉)・根・葉・柿漆(柿澀)を薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.310-312 
 カキノキ属の内、黒い材芯を用材とするものを、黒檀と総称する。材は堅く、比重は重く、耐久性に富む。次のようなものを含む。
   スラウェシコクタン D. celebica インドネシア(スラウェシ島)産
   D. chloroxylon
   コクタン(インドコクタン・セイロンコクタン) D. ebenum(烏木;E.Ebony)
   D. embryopteris
   D. mollis 
 『礼記』「内則」に、周代の君主の日常の食物の一として柿を記す。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻4に「種柿」が載る。
 「柿は上品(じょうぼん)の菓子にて、味ひ及ぶ物なし。其品甚だ多し。就中京都のこねり(木練)尤上品なり。大和にては御所柿と云ふ。・・・」(宮崎安貞『農業全書』1697)。

   里ふりて柿の木もたぬ家もなし 
(芭蕉,1644-1694)
   祖父
(おほじ)親まごの栄(さかえ)や柿みかむ (同)

   みじか夜や浅井に柿の花を汲
(くむ) (蕪村,1716-1783)
   渋柿の花ちる里と成にけり 
(同)

   渋柿をながめて通る十夜かな 
(裾送,『猿蓑』1691)
    
(十夜とは、陰暦10月6-15日の十日十夜、寺に僧俗集まり念仏を唱える浄土宗の仏事)
 

   柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 
(子規)
   屋根見ゆる凹地の寺や柿紅葉
   山囲む帰臥の天地や柿の秋 
(碧梧桐)

   柿の皮剥きてしまへば茶をいれぬ夜の長きこそうれしかりけれ
     
(島木赤彦『馬鈴薯の花』1913)

   稚
(をさな)くてありし日のごと吊柿(つりがき)に陽はあはあはと差しゐたるかも
     
(1915,斉藤茂吉『あらたま』)
   よの常のことといふともつゆじもに濡れて深々し柿の落葉は
     
(1945,齋藤茂吉『小園』) 
   雪つもるけふの夕をつつましくあぶらに揚げし干柿(ほしがき)いくつ
     (1945,齋藤茂吉『小園』) 

   柿の赤き実旅の男が気まぐれに泣きて去
(い)にきと人に語るな
   青柿のかの柿の木に小夜ふけて白き猫ゐるひもじきかもよ
      
 (北原白秋『桐の花』1913)
 
 諺に「貧乏柿の核(さね)沢山(渋柿の核沢山・痩柿の核沢山)」とは、貧乏人には子が多いことのたとえ(平野雅章『食物ことわざ事典』1978)

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index