くまざさ (隈笹) 

学名  Sasa veitchii (=S. albomarginata)
日本名  クマザサ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  ヤキバザサ、ヘリトリザサ、アタゴザサ
漢名  維奇赤竹(イキセキチク,weiqichizhu)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  箸竹(チョチク,zhuzhu)
英名  Kuma bamboo grass
2006/03/11 神代植物公園
2005/05/01 同上
2004/12/31 学内 2005/12/20 学内
 ササ属 Sasa(笹屬・赤竹屬)には、約35種がある。
   ネマガリタケ
(チシマザサ) S. kurilensis
   ミヤコザサ S. nipponica
   チマキザサ S. palmata
   ナンブスズ S. shimidzuana
   トクガワザサ S. tokugawana
   アマギザサ
(イブキザサ) S. tsuboiana
   ツクバナンブスズ S. tsukubensis
   クマザサ S. veitchii(S. albo-varginata;維奇赤竹・箬竹) 
 タケについては、たけを見よ。
 和名は、葉の縁が白く隈取になることから。
 但し、葉に隈取りの出る笹を熊笹と総称し、このクマザサとは限らない。
 学名の Sasa は、日本語の笹から。
 漢名の維奇、学名の veitchii は、イギリスの植物学者ベーチュに因む。
 自生は、京都府の山地の一部に知られるのみ。
 日本の各地にみられるものは、栽培品が野生化したものである。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「笹のるひ」に、「焼葉 くまさゝの事也。葉のへり白かるゝゆへ、やき葉と云」と。

   隈笹の広葉うるはし餅粽 
(岩翁,『猿蓑』1691)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index