かや (榧) 

学名  Torreya nucifera
日本名  カヤ
科名(日本名)  イチイ科
  日本語別名  
漢名  日本榧樹(ニホンヒジュ,ribenfeishu)
科名(漢名)  紅豆杉(コウトウサン,hongdoushan)科
  漢語別名  
英名  Japanese plum-yew, Japanese nutmeg tree, Japanese torreya
2006/02/11 神代植物公園
2005/03/02 氷川神社 (新座市大和田)
2006/10/19 神代植物公園
 イチイ科 TAXACEAE(紅豆杉科)の植物については、イチイを見よ。
 カヤ属 Torreya(榧樹屬)には、6種がある。
   アメリカガヤ T. californica
   T. fargesii(巴山榧樹・球果杉・球果榧・崖頭杉・箆子杉)
   シナガヤ T. grandis(香榧・榧樹・野杉・玉榧)
『中薬志Ⅱ』pp.457-459
   カヤ T. nucifera(日本榧樹)
     チャボガヤ var. radicans
     ヒダリマキガヤ var. macrosperma
     コツブガヤ var. igaensis
     ハダカガヤ var. nuda
   T. yunnanensis(雲南榧樹)
 『雲南の植物Ⅰ』41 
 和名の語言に、二説がある。①木屑を焼いて蚊遣りに用いたことから。②材に芳香があることから、かへ(香重)の転。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)榧子に、「和名加倍」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)27榧実に、「カヤカヤリニ用ユ、故ニナヅク」と。
 日本(岩手県・山形県以南)・韓国(済州島)の暖帯林に分布。しばしば神社の境内に植えられている。
 大木の材からは、建築材・器具材・彫刻材などに用いるほか、柾目材からは高級な囲碁盤を取る。
 種子は、食用
(生でまたは炒って食う)・薬用にするほか、良質な油が取れるので天麩羅油・整髪油にする。カヤの実を食用にするのは先史時代に遡り、静岡県登呂遺跡からイネ・ヒエ・クルミ・クリ・トチなどとともにカヤの実が出土している。
 中国でも、シナガヤをほぼ同様に用い、材を橋梁・舟車に用い、種子を榧子と、油を香榧油と呼ぶ。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「冬木之分」に、「柏(かや) 葉形もミのごとし。吉野を上とす」と。

    かやの木山の
    かやの実は、
    いつかこぼれて、
    ひろわれて。

    山家のお婆さは
    いろり端、
    粗朶たき、柴たき、
    燈つけ。

    かやの実、かやの実、
    それ、爆ぜた。
    今夜も雨だろ、
    もう寝よよ。
    お猿が啼くだで、
    早よお寝よ。
       
(北原白秋「かやの木山の」1922)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index