はうちわかえで (羽団扇かえで)

学名  Acer japonicum
日本名  ハウチワカエデ
科名(日本名)  カエデ科
  日本語別名  メイゲツカエデ(名月かえで)、イタヤカエデ 
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  

2018/05/16 長野県蓼科山
2009/04/20 仙台市東北大学植物園

2017/07/08 長野県蓼科山

 日本・中国で見られるおもなカエデ(モミジ)類については、もみじを見よ。
 イタヤカエデと呼ぶ木には、次の2種がある。
   トキワカエデ 俚称イタヤ・イタヤギ、別名ハナ・ハナノキ
   ハウチワカエデ 別名メイゲツカエデ 
 『増補地錦抄』(1710)に、「名月(めいげつ)、一名いたや楓・・・葉形切数多十二ひとへのごとく随分大キなる事外になし葉多く付キたる木の下は雨露ももらぬといふ心にや板家(いたや)楓と号(なつく)もよき見たて・・・」とある。
 日本の、北海道・本州に分布。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index