はいのき (灰木)

学名  Symplocos myrtacea
日本名  ハイノキ
科名(日本名)  ハイノキ 科
  日本語別名  イノコシバ
漢名  
科名(漢名)  山礬(サンハン,shanfan)科
  漢語別名  
英名  
2011/04/10 神代植物公園

2008/04/29 神代植物公園


 ハイノキ科 Symplocaceae(山礬科)は、ハイノキ属 Symplocos(山礬屬)1属からなる。
 ハイノキ属 Symplocos(山礬屬)の植物には、次のようなものがある。
  S. acuminata(S.laurina,S.cochinchinensis var.laurina;黄牛奶樹・苦山礬・花香木・散風木)
  S. adenophylla(腺葉山礬)
  S. adenopus(腺柄山礬・赤牙木)
  S. aenea(鋼綠山礬)
  S. angustifolia(狹葉山礬)
  S. anomala(薄葉山礬・盆若虎亮・山桂花・薄葉灰木)
  アリサンハイノキ S. arisanensis
  S. atriolivacea(橄欖山礬)
  ムニンクロキ S. boninensis
  S. botryantha(総状山礬)
  ヤエヤマクロバイ
(アオバナハイノキ) S. caudata(S.sozanensis;山礬・山桂花・七里香)
        『中国本草図録』Ⅶ/3291
  カラサワフタギ
(タイワンサワフタギ) S. chinensis (華山礬・土常山・猪婆柴・江黄仔)
       
 『雲南の植物Ⅱ』203・『中国本草図録』Ⅹ/4789
    var. leucocarpa → S. sawafutagi
  S. chunii(烏脚木・上身眉)
  アオバノキ S. cochinchinensis (S.lithocarpoides;越南山礬・火灰樹・火樣灰樹・大葉灰木)
    var. laurina → S. acuminata
    コウトウハイノキ var. philippinensis
  ミヤマシロバイ S. confusa (南嶺山礬)
  オオバハイノキ S. congesta(S.glomerata var.congesta;密花山礬)
  タンナサワフタギ S. coreana(S.argutidens)
  S. crassifolia(厚皮灰木)
  S. crassilimba(厚葉山礬・白布果)
  バイカハイノキ S. decora(S.koidzumiana;美山礬)
  S. dolichotricha(長毛山礬・土白朮)
  S. dung(火灰山礬・火灰樹)
  ワタメフタギ S. eriostroma
  S. ernestii(茶條果)
  S. euryoides(柃葉山礬)
  S. fasciculata
東南アジア産。ジャワ更紗 batik を染めるのに用いる。
  S. fordii(三裂山礬)
  アマシバ S. formosana(S.microcalyx)
  S. glandulifera(腺緣山礬・腺灰木) 『雲南の植物Ⅲ』224
  ミミズバイ S. glauca(S.neriifolia;羊舌樹・粉葉山礬)
  オオバミミズバイ S. grandis(大葉山礬・大山礬)
  S. groffii(毛山礬)
  S. hainanensis(海南山礬)
  ヘイシャナハイノキ S. heishanensis(S.divaricativena)
  S. hookei(滇南山礬)
  ウチダシクロキ
(オガサワラクロキ) S. kawakamii
  コニシハイノキ S. konishii(臺東山礬)
  コウシュンハイノキ S. koshunensis
  クロキ S. kuroki(S.lucida,S.japonica)
  S. kwangsiensis(廣西山礬)
  シロバイ S. lancifolia (光葉山礬・劔葉灰木・披針葉山礬)
    var. taiheizanensis → S. formosana
  S. lancilimba(披針葉山礬)
  S. laurina → S. acuminata
  アオバナハイノキ S. liukiuensis(S.obana) 
南西諸島(沖永良部島以南)産
  S. lucida → S. kuroki
  S. microcalyx → S. formosana
  タイワンクロキ S. migoi
  ヤクシマハイノキ S. modesta
  ニイタカハイノキ S. morrisonicola(S.anomala var.morrisonicola;臺灣山礬)
  S. multipes(枝穗山礬・多倍山礬)
  ハイノキ
(イノコシバ) S. mytracea
    オモゴハイノキ f. pubescens
    ヒロハハイノキ var. latifolia
  ナカハラクロキ
(リュウキュウクロキ) S. nakaharae(S.japonica var.nakaharae,
       S.lucida var.nakaharae)
  ノウコウハイノキ S. nokoensis
  S. odoratissima
ジャワ島で薬用
  リュウキュウハイノキ S. okinawensis
  クロミノニシゴリ
(シロサワフタギ・ニシゴリ) S. paniculata(S.paniculata var.glabra;
       白檀・碎米子樹・烏子樹) 『中国本草図録』Ⅶ/3292・Ⅷ/3733
  チチジマクロキ S. pergracilis
  S. phyllocalyx(葉萼山礬)
  S. pilosa(柔毛山礬・柔毛灰木)
  S. pittosporifolia(海桐山礬)
  S. poilanei(叢花山礬)
  クロバイ
(トチシバ・ソメシバ・ハイノキ) S. prunifolia
    マルバクロバイ f. uii
    ナガバクロバイ var. tawadae
  S. pseudobarberina(鐵山礬・白檀木・白花木・刀灰樹)
  S. punctulata(吊鐘山礬)
  S. racemosa(珠仔樹・烏口樹・山麻栗)
 染料植物。『雲南の植物Ⅲ』224・『中国本草図録』Ⅷ/3734
  S. ramosissima
中国(南部)・ビルマ・インドシナ・ヒマラヤに分布。『週刊朝日百科 植物の世界』6-36
  コバノシロバイ S. sasakii
  サワフタギ S. sawafutagi(S.chinensis ssp.pilosa,S.chinensis var.leucocarpa f.pilosa)
    シロミノサワフタギ var. leucocarpa
    オクノサワフタギ var. terrae-nivosae
  モチバハイノキ S. setchuanensis(四川山礬) 『中国本草図録』Ⅶ/3293
  ヒイランハイノキ S. shilanensis
  S. singulifolia(單花山礬)
  S. sinuata(波緣山礬・波葉灰木・山杉)
  ミヤマシロバイ S. sonoharae(S.pendula var.hirtistylis)
  S. stapfiana(多花山礬)
  ヤンバルミミズバイ S. stellaris (S.glauca var.tashiroi,S.tashiroi;
       老鼠矢・老鼠刺・毛灰樹・羊舌樹)
  S. subconnata(銀色山礬)
  ヒロハノミミズバイ
(オニクロキ) S. tanakae
  クロミノサワフタギ S. tanakana(S.paniculata var.pubescens)
  カンザブロウノキ S. theophrastaefolia
  アマハノキ S. tinctoria
米国東南部産、染料植物
  ケハイノキ S. trichoclada
  S. urceolaris(壇果山礬) 『雲南の植物Ⅲ』224
  ガンピバハイノキ S. wikstroemiifolia(微毛山礬)
  S. yunnanensis(滇灰木) 
 和名は、燃すと厚く灰が残ること、これから灰汁を取ること、から。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)32に、山礬は「トチシバ筑前 ソメシバ オコシゴメシバ ハイノキ共同上 ヤマキ豊前 シマクロギ日州 クロバイ紀州 アクシバ ハナモチ城州宇治 ハナシキミ同上修学院村」と。
 漢名山礬(サンハン,shanfan)は、灰から明礬を得ることから。
 日本の、本州(近畿以西)・四国・九州(屋久島以北)に分布。
 ハイノキ属の多くの植物はアルミニウム aluminium を蓄積するので、その化合物であるミョウバン(明礬;E.alum)が得られる。ことに燃して得る灰は 染色・媒染に適する。
 日本で灰汁を染色に用いるものは、主としてクロバイ。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index