ばいかうつぎ (梅花空木) 

学名  Philadelphus satsumanus
日本名  バイカウツギ
科名(日本名)  ユキノシタ科
  日本語別名  ウメウツギ、サツマウツギ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2007/05/22 小石川植物園

2017/07/08 長野県霧ヶ峰

2008/07/18 北大植物園
 「日本のバイカウツギの学名は一般に P. satsumanus Sieb. とされていたが、北村四郎によれば P. coronarius L. と同じものであるという。また P. coronarius L. は、古くから南ヨーロッパで栽培され原産地不明とされているが、これは日本産バイカウツギが輸入されたものであるという」(若林、平凡社『世界大百科事典』)
 バイカウツギ属 Philadelphus(山梅花屬)には、約65種がある。
   P. coronarius(E.Mock orange)
         
ヨーロッパ東南部・コーカサスに分布。バイカウツギに酷似し、花に強い芳香がある
   P. delavayi(雲南山梅花)
   P. henryi(山梅花)
 『雲南の植物Ⅰ』126
   P. incanus(山梅花)
   P. pekinensis(太平花・白花結)
     var. dasycalyx(毛萼太平花)
   P. purpurascens(紫萼山梅花)
   バイカウツギ P. satsumi(P.coronarius var.satsumi)
     ニッコウバイカウツギ var. parviflorus
     シコクウツギ var. lancifolius(F.sikokianus, P.sikokianus)
     アイノコバイカウツギ var. kiotensis
   P. schrenkii(東北山梅花) 『中国本草図録』Ⅶ/3143
     var. mandshurica(毛盤山梅花)
   P. sericanthus(絹毛山梅花・建徳山梅花・土常山)
   P. subcanus(毛柱山梅花)
   P. tenuifolia(菫葉山梅花) 
 バイカウツギ属は、旧来ユキノシタ科 Saxifragaceae(虎耳草科) アジサイ亜科 Subfam. Hydrangeoidae(八仙花亞科)に属させてきたが、近年ではユキノシタ科からアジサイ科 Hydrangeaceae を独立させ、そこに置くことが一般化しつつある。
 和名を何々空木と呼ぶ植物については、ウツギを見よ。
 日本の、本州(岩手県以南)・四国・九州に分布。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index