にわざくら (庭桜)

 学名  Cerasus glandulosa (Prunus glandulosa)
 和名  ニワザクラ
 科名(和)  バラ科
  別名(和)  リンショウバイ(林生梅)
 漢名  麥李(バクリ,maili)
 科名(漢)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  別名(漢)  
 英名  Flowering almond


cv. Alboplena  2007/04/09 三芳町竹間沢   


 基本種は 一重ざきのヒトエ(ノ)ニワザクラ。花の色は淡紅色から白色。
 ニワザクラは 八重の白花品。
 ニワウメ Prunus japonica の八重ざき品をニワザクラ var. multiplex と呼ぶが、別種。
 スモモ属(サクラ属) Prunus(梅屬)の植物については、スモモ属を見よ。
 サクラ亜属(櫻桃亞属)〔或はサクラ属 Cerasus〕については、サクラ亜属を見よ。
 桜一般についてはさくらの項を見よ。
 日本では、源順『倭名類聚抄』(ca.934)麦李に、「漢語抄云佐毛々」と。
    ヒトエノニワザクラは、中国(山東・甘粛・湖北・江蘇)原産。日本には室町以前に入ったという。
 果実は食える。
 
 ニワザクラは、各地で観賞用に栽培する。雄蘂が無く 結実しない
 『花壇地錦抄』(1695)巻二「桜のるひ」に、「にはざくら 白紫の二種有。成程せんやう(千葉)、小りん」と。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
エド 跡見群芳譜トップ 桜花譜index ヤエベニシダレ アーモンド ギョイコウ ヤマザクラ イトザクラ