とうふじうつぎ (唐藤空木)

学名  Buddleia(Buddleja,Buddleya) lindleyana
日本名  トウフジウツギ
科名(日本名)  フジウツギ科
  日本語別名  
漢名  醉魚草(スイギョソウ,zuiyucao)
科名(漢名)  馬錢(バセン,maqian)科
  漢語別名  鬧魚花、魚尾草
英名  
2007/06/19 小石川植物園

 フジウツギ属(醉魚草屬)Buudleya については、フサフジウツギを見よ。
 和名を何々空木と呼ぶ植物については、ウツギを見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)酔魚草に、「フヂウツギ カクフヂ ハコネウツギ江戸。同名アリ 日光ウツギ種樹家」と。
 漢名 醉魚草は、この属の植物が魚毒をもつことから。李時珍『本草綱目』に、「漁人 花及び葉を采り、以て魚を毒す。盡く圉圉として死す」と。
 中国の、江蘇・浙江・安徽・江西・福建・広東・両湖・四川に分布。しばしば観賞用に栽培。
 日本では、琉球では古くから栽培している。
 有毒、魚毒として用いた。花・葉・根を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index