たかさごゆり (高砂百合) 

学名  Lilium formosanum
日本名  タカサゴユリ
科名(日本名)  ユリ科
  日本語別名  
漢名  臺灣百合(タイワンヒャクゴウ,taiwanbaihe)
科名(漢名)  百合(ヒャクゴウ,baihe)科
  漢語別名  
英名  Formosa lily
2005/08/23 三芳町竹間沢

 沖縄・奄美原産のテッポウユリ L. longiflorum と近縁。
 両種の間に雑種シンテッポウユリ L.×formolongi がある。
 ユリ属 Lilium(百合屬) については、ゆりを見よ。
 和名の高砂、ラテン名・英名の Formosa は、ともに台湾の意。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』23(1806)百合の条に、「又蛮科ニ用ユル レリヨウロンハ リウキウユリナリ。筑前ニテ タカサゴト呼。其莖高サ一尺ニ過ず。花ハ白色、サゝユリヨリ長クシテ、五寸許、旁ニ向テ開ク。香気甚ダシ。是汝南圃史ノ麝香百合ナリ」と。
 臺灣原産。
 日本には、1923あるいは1937年に観賞用に導入されたと言う。栽培品が逸出し、近年では路傍に広く自生している。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index