たいわんこまつなぎ (台湾駒繋)

学名  Indigofera tinctoria
日本名  タイワンコマツナギ
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  シマコマツナギ、インドアイ(印度藍)、キアイ(木藍)、ナンバンアイ(南蛮藍)、マメアイ(豆藍)
漢名  木藍(ボクラン,mulan)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  野槐樹、槐藍、槐靑、野靑靛、野藍枝子、馬棘、馬藍、大靑葉、小靑、藍靛、印度藍、
英名  Indigo

 コマツナギ属 Indigofera(木藍属)については、コマツナギを見よ。
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)木藍に「和名都波岐阿井」と。これは本種とは別物か。
 別名シマコマツナギのシマとは、台湾を指す。
 属名 Indigofera は「indigo(藍色)を持つ、生じる」。
 indigo は、ギリシア語の indikon「インドの」に起源し、ラテン語の indicum を経て、直接にはポルトガル語の indigo から、英語に取入れられた言葉。ヨーロッパには藍色はインドから入ったので、藍色をインディゴという。
 種小名 tinctoria は、「染料の」。
 広くアジアの熱帯・亜熱帯で栽培。日本には、琉球各地に帰化。
 ヨーロッパには、インドから入り、ローマ時代以来藍色インジゴ indigo(靛藍,テンラン,dianlan)染料として有名。
 薬用については、アイを見よ。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index