そうずく (草豆蔲)

学名  Alpinia katsumadai
日本名  ソウズク
科名(日本名)  ショウガ科
  日本語別名  
漢名  草豆蔲(ソウトウコウ,caodoukou,そうずく)
科名(漢名)  薑(姜,キョウ,jiang)科
  漢語別名  草蔲、豆蔲、草蔲仁、偶子
英名  
2008/05/22 薬用植物園 (温室)

 ハナミョウガ属 Alpinia(山薑屬)については、ハナミョウガ属を見よ。
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)豆蔲の釈名に、「揚雄『方言』を按ずるに云う、〈凡そ物の盛多なるを蔲と曰う〉と。豆蔲の名、或は此の義を取るならん。豆は、象形なり」と。
 中国(兩廣・海南島)・臺灣に分布。
 中国では、種子団を薬用にする。『中薬志Ⅱ』pp.361-364 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index