しべりあひなげし (シベリア雛芥子) 

学名  Papaver nudicaule
日本名  シベリアヒナゲシ
科名(日本名)  ケシ科
  日本語別名  アイスランドポピー、ポピー
漢名  氷島罌粟(ヒョウトウオウゾク,bingdaoyingsu)
科名(漢名)  罌粟科
  漢語別名  
英名 (English Name)  Iceland poppy
2007/05/03 薬用植物園
2007/04/19 薬用植物園

 ケシ属 Papaver(罌粟屬)の花卉については、ケシを見よ。
 英名・漢名は、耐寒性が強く、アイスランドでも自生することから。
 中国(東北・山西・寧夏・内蒙古・新疆)・シベリア・モンゴル原産。『中国本草図録』Y/2623・『中国雑草原色図鑑』75に載るものは、いずれも黄花。
 植物体に麻薬成分を含まない。
 花屋で単にポピーとして切り花で売っているものは、このアイスランドポピーである。
 中国では、果実・果殻・花つきの全草を野罌粟(ヤオウゾク,yeyingsu)と呼び、薬用にする。
 また、ssp. amurensis(K水罌粟)の全草・未熟の果実を山大煙(サンダイエン,shandayan)と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index